2017年06月15日号
次回7月3日更新予定

artscapeレビュー

英ゆう 個展「外を入れる」

2010年07月15日号

twitterでつぶやく

会期:2010/05/25~2010/06/13

京都芸術センター大広間[京都府]

2007年から2009年のレジデンス期間中にバンコクで制作された作品。センター内の大広間に展示された。英がそこで日常的に見ていたモニュメントや大きな建物がモチーフになっているが、それらには、儀式の道具として使われる手のひらにおさまるほどの小さな花の輪がかけられている。大きさを逆転させたイメージの組み合わせがスケール感を狂わせて、画面に描かれているものが何なのか見ていると混乱するところが面白い。作品はバンコクの街の不思議な印象も重ねて表現しているのだそう。テーマもさることながら、個人的には大きな作品にもびっしりと描き込まれた模様のパターンやそのリズミカルな色彩が好きだ。これでもかと言うほどの迫力とインパクトながら見飽きない魅力を放っている。

2010/06/12(日)(酒井千穂)

▲ページの先頭へ

2010年07月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ