2019年03月15日号
次回4月3日更新予定

artscapeレビュー

みやちとーる個展「永遠の夏休み」

2010年10月01日号

会期:2010/08/24~2010/08/29

ギャラリーアビィ[大阪府]

トイカメラの祭典「ホルガ・ジャンボリー」の一部として個展形式で開催。みやちといえば「フジロックフェスティバル」を取材したモノクロ写真のシリーズを毎年発表しているが、今回の作品はもうひとつの系統である故郷(三重県尾鷲市近郊)をカラーで撮影したシリーズ。カメラは当然トイカメラのホルガを使用している。作品に収められているのは、海、川、山、学校、駅、畑、実家など、典型的な日本の田舎の情景。子ども時代の夏休みや帰省の記憶が鮮やかに思い出されるものばかりだ。展覧会タイトルの「永遠の夏休み」には、パラダイスへの願望と、物わかりのいい大人には絶対ならないぞという決意が重ね合わされている。これはフジロックのシリーズも同じであり、両方を見れば写真家・みやちの世界が理解できるはずだ。

2010/08/24(火)(小吹隆文)

2010年10月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ