ジャンルで見る|美術館・アート情報 artscape

2018年08月01日号
次回9月3日更新予定

artscapeレビュー

美術に関するレビュー/プレビュー

ミラクル エッシャー展 奇想版画家の謎を解く8つの鍵

会期:2018/06/06~2018/07/29

上野の森美術館[東京都]

エッシャー生誕120年記念展。出品作品はすべてイスラエル博物館の所蔵品という。それは今回の出品作品がエッシャーのコレクターであるチャールズ・クレイマーが同館に寄贈したものだからで、おそらく彼はユダヤ人だろう。ではエッシャーは? 彼の恩師のド・メスキータはナチスによってアウシュヴィッツに連行され処刑されたが、そのときエッシャーは恩師の自宅に散乱した作品を集めて美術館に預けたとか、戦後エッシャーはアムステルダム国立美術館で開かれた「ナチスに協力しなかった作家の展覧会」に出品したとか、反ナチズムの姿勢はうかがえるが、ユダヤ系かどうかは書かれていない。まあ人種に関することなので詮索するつもりはないけれど、その辺の関係が少し気になった。

出品作品は、初期の聖書主題や広告の仕事を除けば知られているものが多く、いまさらつべこべいうこともないので、ひとつだけ展示に関して疑問を。それは、作品の展示位置が高めなこと。身長165センチのぼくの目線では作品の中心線がちょうど真正面に来るので、高さはだいたい160センチくらい。これは成人男性の平均である身長170センチか、それ以上を想定した高さではないか。3、4メートルもあるような大作ならば見上げる位置に展示してもいいが、比較的小さな画面では高すぎで、これじゃあ女性や子供は見にくいだろう。背の低い息子が見たがっていたので残念だ。

2018/06/05(村田真)

artscapeレビュー /relation/e_00044660.json s 10147188

齋木克裕「Non-Architectural Photographs」

会期:2018/05/23~2018/06/17

銀座レトロギャラリーMUSEE[東京都]

齋木克裕は1969年、東京生まれ。2004年に文化庁の新進芸術家海外研修制度の助成を受け、その後ずっとニューヨークに滞在して作家活動を続けてきた。今回は、昨年の帰国後初の個展として、「Split」「Arrangements」「Reflection」などの代表的なシリーズを展示した。いわば、日本で写真家としてのスタートラインを引き直す作業の一環といえるだろう。

齋木の作品は主に建築物を題材として撮影された写真を「切り取り、入れ替え、繋ぎ合わせ、作品自体の物の構造に従って組み替え」ることによって成立する。多重露光を試みたり、複数の写真を組み合わせたり、立体化したりすることによって、「写真と抽象美術」というまったく正反対に思える表現のジャンルの、意外な親和性や共通性が浮かび上がることになる。その制作の手つきは高度に洗練されていて、とてもチャーミングな視覚的オブジェとなっている。今回の出品作品も、昭和通り沿いの銀座一丁目に1932年に竣工したという旧宮脇ビルを改装した「レトロ」なギャラリーの空間に、ぴったりとマッチしていた。

ただ、これから日本で活動するにあたっては、「写真と抽象美術」との関係をセンスよく展開するだけではやや物足りない。なぜ、この建築物なのかという動機づけの部分が、どんなふうに説得力を持って作品に取り込まれていくのかが重要になってくる。とはいえ、齋木のような緻密な思考力と構想力を備えた写真家が、日本ではそれほど多くないのも確かだ。ニューヨークでの経験の厚みを活かした、次の展開を期待したい。

2018/06/03(日)(飯沢耕太郎)

田原桂一「Sens de Lumière」

会期:2018/06/01~2018/06/10

ポーラ ミュージアム アネックス[東京都]

2017年6月に65歳で亡くなった田原桂一の1980~90年代の作品を展示した回顧展である。71年に渡仏した田原は、2006年に帰国するまで、パリを拠点に多彩な領域にわたる写真作品を制作・発表した。今回はそのなかから、布や石灰岩に彫像をテーマに撮影した写真を焼き付けた「Torso」シリーズを中心に展示している。
この時期の田原は、大理石の彫像を照らし出し包み込む光の美しさに魅せられ、その視覚的な体験をいかに写真作品として定着するのかを模索していた。結果として、スライスした石灰岩に感光乳剤を塗布し、画面の一部に金箔を貼り付けてプリントするという、装飾的な手法にこだわることになる。いま見直すと、京都出身の田原にとって、それは一見かけ離れた日本の伝統工芸と西欧の彫塑の美意識とを結びつけ、折り合いをつけようとする試みであったように思える。マニエリスティックな「Torso」の佇まいは、その苦闘のあらわれだが、必ずしもうまくいったとはいえないのではないだろうか。パリ時代の初期に発表された「窓」や「エクラ」などのシリーズと比較しても、ややひ弱な印象を受けてしまうのだ。
2010年代以降、田原は舞踊家の田中泯をモデルとして1978~80年に撮影された「Photosynthesis」シリーズの再構築や、最晩年の意欲的な新作「奥の細道」など、「写真回帰」の傾向を強めつつあった。「Torso」のような回り道も含め、彼の生涯をたどり直す本格的な回顧展をぜひ見てみたい。

2018/06/03(日)(飯沢耕太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00044623.json s 10147624

菱田雄介「border|korea」

会期:2018/05/27~2018/06/24

Kanzan Gallery[東京都]

菱田雄介は2017年に写真集『border|korea』(リブロアルテ)を刊行した。2009年以来、北朝鮮を7回、韓国を10回以上訪問して撮影した、「朝鮮半島の北と南を並置した組写真」によるこの写真集は、土門拳写真賞や林忠彦賞の最終審査に残るなど高い評価を受ける(第30回写真の会賞を受賞)。ちょうど、南北首脳会談や米朝首脳会談が話題になり、朝鮮半島の政治・社会状況に対する関心が高まってきたことも、本展が開催された背景にあるだろう。

今回のKanzan Galleryでの個展は、むろん写真集に収録された学生、軍人、主婦、僧侶、生まれたばかりの赤ん坊などを対比させた写真の展示が中心なのだが、写真集では別冊として提示した「脱北者」の写真も含まれている。それよりも、むしろ本展において重要な意味を持つのは、新作の映像作品「Moving Portrait」ではないだろうか。「Moving Portrait」は、菱田が北朝鮮と韓国でモデルたちを撮影している様子を、別のカメラで撮影した「メイキング動画」とでもいうべき作品である。モデルたちはカメラを向けられることで、緊張や戸惑いの表情を見せる。特に北朝鮮の若い学生やダンサーたちの落ち着きのなさが印象深い。つまり、写真の前後の時間の厚みが動画によって補強されるとともに、彼らを取り巻く環境がリアルな空気感として捉えられているのだ。デジタルカメラに動画機能が取り込まれることで、「写真家による映像表現」の可能性は大きく拡張しつつあるが、本作もその雄弁な証明といえそうだ。

「border|korea」のシリーズは、一応は完結したが、現代社会におけるさまざまな「border」は、むしろ強化されつつあるように思える。それらを鋭敏に嗅ぎ当て、カメラを向けていく菱田の試みも、さらに続いていくはずだ。

2018/06/02(土)(飯沢耕太郎)

下瀬信雄「蛇目舞(jamais vu)」

会期:2018/05/30~2018/06/05

銀座ニコンサロン[東京都]

「蛇目舞」と書いて「jamais vu(ジャメヴュ)」と読ませる。「jamais vu」(未視感)は、「déjà vu」(既視感)の逆で、見慣れたものであるにもかかわらず、初めて見るように思えるという感覚である。下瀬信雄は「身の回りの自然、小動物」を撮影する行為を続けるなかで、「jamais vu」に気づき、それを写真シリーズに定着しようと考えた。今回の銀座ニコンサロンの個展では、その第一弾として55点のプリントが提示されていた。

下瀬は1944年生まれ、山口県萩市在住のベテラン写真家で、1977年の「萩」(銀座ニコンサロン)以来、これまで受賞記念展やアンコール展を含めると銀座、新宿、大阪のニコンサロンで30回もの個展を開催している。これは歴代最多であり、さらに更新されていく可能性が高い。にもかかわらず、いつも新たなジャンルにチャレンジしようとしている。今回の「蛇目舞」シリーズも、デジタルカメラだけでなく4×5インチ判や8×10判の大判カメラも使用し、ギャラリーの壁ごとにプリントの大きさを変えて展示するなど、若々しい意欲にあふれていた。デジタルプリントの色味の調整も、だいぶ思った通りにできるようになってきたようだ。

今回は、月の光で撮影された、不思議な生き物のような「キカラスウリ」の写真(DMにも使われている)など、植物のイメージが中心だったが、それだけでは終わるつもりはないようだ。「蛇目舞」シリーズは、今後はもっと幅の広い被写体で撮り続ける予定だという。次回の展示も楽しみである。なお、本展は2018年6月28日~7月4日に大阪ニコンサロンに巡回する。

2018/06/01(金)(飯沢耕太郎)

文字の大きさ