2018年06月15日号
次回7月2日更新予定

artscapeレビュー

デザインに関するレビュー/プレビュー

P to P GIFT 2018 ─Problem to Product Gift ─

会期:2017/11/30~2018/02/12

d47 MUSEUM[東京都]

「持続可能な開発目標(SDGs)」が2015年9月に国連で採択され、ここ最近、日本でも持続可能というキーワードが注目されるようになった。数年前に安倍政権が掲げ、多くの関心が寄せられている「地方創生」においても、持続可能が求められていると言っていい。本展はまさにそんな世情を汲んだ内容であった。d47 MUSEUMは工芸、食、ファッションなどさまざまな切り口で、47の展示台を使い、日本のものづくりを47都道府県均一に伝えるミュージアムだ。


展示風景
d47 MUSEUM[提供:D&DEPARTMENT PROJECT]

本展では日本各地が抱える問題に対して、その土地らしい自然環境や特産物、人材などの資源や技術を使い、循環を考えた持続性のあるものづくりで解決に挑んだ事例が紹介されていた。展示台に載っているのは、その取り組みから生まれた製品である。なおかつその取り組みを発信するためのデザインの工夫があり、“ギフトになりうる製品”という選定基準まで設けられていた。各都道府県につきひとつとはいえ、正直、そんな優等生な製品が均等にあるものかと疑ってかかっていたが、実際に観てみて驚いた。ギフトという切り口だけあり、パッケージデザインがどれも優れていたからである。プロデューサーのような専門家が仲介している場合もあれば、つくり手自身が自発的に動いた場合もあるという。

例えば興味深い事例のひとつが、埼玉県秩父市で行なわれている「第3のみつ」づくりだ。それは植物の花蜜に代わり、カエデの樹液をはじめ、果実や野菜のジュースを蜂に食べさせる新たな養蜂のことで、日本国内で減少する蜜源を補えるばかりか、蜂を媒介に森林の環境づくりにも役立てられるという。その製品「秘蜜」を試食すると、林檎のジュースを食べさせた蜂の蜜には林檎の香りがほのかにし、そこに新たな価値と可能性を感じた。ものづくりを持続させるためには、最終的には製品が売れなければならない。そのためには土着性を生かしながらも、人々の生活に取り入れられるよう革新性や洗練性を高め、それを伝えるためのデザインが必要になる。そうした意識が、日本各地で根付きつつあることを実感できる展覧会であった。


埼玉県/TAP&SAP「秘蜜」[提供:D&DEPARTMENT PROJECT]

2017/12/01(杉江あこ)

「福を運ぶ朝鮮王朝のとりたち」展

会期:2017/07/27~2017/12/05

高麗美術館[京都府]

酉年の2017年も間もなく終わり。本展はそんな今年を振り返って、日々の生活にある小さな幸福をかみしめるに適した展覧会である。出展されるのは、朝鮮王朝時代の人々の暮らしに根差した工芸品およそ80点。民画、屏風、青磁の器、水滴や硯、染付の壺等のなかに表われる鳥の表現は多様でありながら、そのどれもがのびやかな形象とポジティヴなイメージを見る者に伝える。例えば、《刺繍花鳥図屏風》のように四季の花々とともにいる鳥たちはたいがい「つがい」となっていて、家庭内の平和や愛情を象徴している。一方、花は人生を表わすものとして尊ばれ、とくに華麗な牡丹は富貴を象徴することで知られる。また、柳宗悦が名付けた「民衆的絵画」こと「民画」は、いわゆるアカデミックな技法に捉われない自由奔放さ、素朴さやユニークな表現が魅力である。《三災消図》に表われる鷹の姿は、勇壮でありつつも、それこそ災いを取り払ってくれるようデフォルメされた大きな足の表現が面白い。息災を遠ざけて吉祥をもたらす鳥たちは、かように人々の幸せを願って作られた、福のシンボルなのである。当時の工芸品に込められた願いが、時を超えて私たちに幸福を運んでくれるようだ。[竹内有子]

2017/11/4(土)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00041238.json s 10141561

纏う図案──近代京都と染織図案I

会期:2017/09/25~2017/11/02

京都工芸繊維大学美術工芸資料館[京都府]

京都の伝統産業と言えば、着物──京友禅や西陣織──がすぐさま思い浮かぶ。本展は、明治期に成立した「図案」という概念をキーワードに、当時の染織品にみるデザインの発展と、それを支えたデザイン教育の教材や学生が制作した図案等を紹介する。明治時代の京都では、多くの図案集が刊行された。新しい意匠を作り出して産業振興に資するよう、業界団体や百貨店が懸賞付きの図案募集を行なった。出展品には、いち早く募集を開始した友禅図案会(後の友禅協会)に応募された図案が多く、明治25年から44年までに渡る期間の図案の変化や流行を見ることができる。自然をモチーフにした絵画的な写実性ある模様から、過去の模様を折衷し組み合わせたもの、幾何学的構成や配置の妙に優れるもの、意匠化がはっきりとわかるものまで、色と形さまざまな図案が目を楽しませてくれる。面白いのは、伝統的な古代模様と、海外のアール・ヌーヴォーの影響を受けた図案の二つの流れが教育資料に看取できること。京都市立美術工芸学校(現:京都市立芸術大学)と京都高等工芸学校(現:京都工芸繊維大学)の教育の特色の違いを、学生の作品に見ることができる。また何よりも、学生が丹精込めた作品が伝達する、若さ溢れる熱意に心を打たれる。[竹内有子]

2017/11/2(木)(SYNK)

artscapeレビュー /relation/e_00041741.json s 10141562

本を、つくってみた ─アーティストブックの制作と展示─

会期:2017/11/28~2017/12/17

ギャラリーターンアラウンド[宮城県]

O JUNが企画した展覧会であり、約20名のアーティストが参加し、東京のナディフや仙台のギャラリーターンアラウンドなど、各地で作家を振り分けながら開催しているものだ。会場には、さまざまな解釈によるアートとしての本(棒状のオブジェに対し、ページのように、ひらひらと紙を加えるなど)や、本を用いた作品(オブジェを栞にしたり、2冊の本をかみ合わせるなど)が集まる。そしてオープニングにおける丸山常生のパフォーマンスは、ブックエンド、書物、床、ポストイットなどを使い、空間を書物化する試みだった。

トーク・イベントでは、筆者がせんだいスクール・オブ・デザインで制作した前衛的な装幀の雑誌『S-meme』の軌跡を話した後、O JUN氏と対話を行なう。興味深いのは、彼が大学院のときに筆者の恩師である横山正先生と夢の本をつくるプロジェクトがあったのを知ったこと(実現しなかったが)。なお、イベント時は床に写植のように、大量のチューブから絵の具を盛った水戸部七絵の二作品がばらばらに置かれていたが、トークの後、本来の位置に戻し、二枚の抽象画を左右に並べると、突然「本」に見えたのも印象的だった。このシンプルな形式性が、非本→本の閾値を超えるトリガーなのである。

懇親会の二次会で、アーティストブック展のカタログをデザイン+編集した小池俊起氏と製本を担当したanalogの菊地充洋氏と飲む。今回の攻めたカタログのデザインが『S-meme』の遺伝子を受け継ぎながら、より洗練されたものになったことを確認した。小池は学生のとき、楠見清のゼミで助手の斧澤未知子が持ってきた『S-meme』に出会ったという。なお、ちょうど『S-meme』は、ストックホルムのArkDesギャラリーにおいて、世界の建築・デザインの本や雑誌を紹介する展覧会「A Print Stockholm」で取り上げられている(https://arkdes.se/en/a-print-stockholm/)。


左=櫻胃園子、吉川尚哉ほかの作品 中=O JUN 右=水戸部七絵

2017/11/28(火)(五十嵐太郎)

プレビュー:世界のブックデザイン2016-17 feat.21世紀チェコのブックデザイン

会期:2017/12/01~2018/03/04

印刷博物館P&Pギャラリー[東京都]

サイト:http://www.printing-museum.org/index.html
2017年3月に開催された「世界で最も美しい本コンクール」の入選図書に加え、日本、ドイツ、オランダ、スイス、カナダ、中国、チェコの7カ国のブックデザインコンクール入賞図書作品、約200点が展示される。「日本におけるチェコ文化年2017」にあたる今年は、21世紀チェコのブックデザインに焦点を当てた特別コーナーが設けられるという。例年同様に会場では図書を手にとってその装幀と造本をじっくり見ることができる。できれば会期初頭に1回、そして作品が多くの人々の手に触れたあとの会期末にもう一度訪れて造本状態の変化を比較してみたい。[新川徳彦]

関連レビュー

世界のブックデザイン2015-16 feat.造本装幀コンクール50回記念展|SYNK(新川徳彦):artscapeレビュー

2017/11/24(金)2017/11/24(金)(SYNK)

文字の大きさ