2018年12月01日号
次回12月17日更新予定

artscapeレビュー

パフォーマンスに関するレビュー/プレビュー

ロラ・アリアス『MINEFIELD──記憶の地雷原』

会期:2018/10/26~2018/10/28

京都芸術劇場 春秋座[京都府]

KYOTO EXPERIMENT 2013で上演された『憂鬱とデモ』では、母親の手記を元に、ドキュメントや演劇的仕掛けを織り交ぜ、個人の自伝的な語りからアルゼンチンという国家の現代史を再検証したロラ・アリアス。今回、KYOTO EXPERIMENT 2018で上演された本作では、1982年、領土をめぐってイギリスとアルゼンチンの間で勃発したフォークランド紛争/マルビナス戦争に従軍した6人の元兵士が出演者として登場し、多声的な語りの集積がユーモアを交えながら「戦争」の記憶を解体/再構築していく。

トライアスロンの選手、弁護士、養護教諭、ビートルズのトリビュートバンド活動、退役軍人のカウンセラー、警備員。彼らは冒頭、それぞれの格好で登場し、「現在」の職業や従事する活動について自己紹介する。次いで、入隊した経緯や生い立ち、軍での訓練や任務、戦場での過酷な経験が、写真や映像などドキュメントを交えつつ、基本的にイギリス側/アルゼンチン側に分かれたまま、英語/スペイン語で交互に語られ、シーンが「再現」されていく。海兵隊への憧れや、軍人の家系に生まれ自然な進路だったと語るイギリス人たち。一方、アルゼンチンでは抽選制の徴兵制度がしかれ、強制力や不条理さが滲む。開戦前の楽観的なお祭り騒ぎのなか、女装ショーを披露する者。愛国心や戦争への士気を高めようと煽るメディア。アルゼンチンの勝利を讃える歌を合唱する3人。一転して、戦場では想像を超える過酷な体験が待ち構えていた。撃沈され、大勢が死亡した軍艦。地雷原に足を踏み入れ、吹き飛んだ仲間の死体。物資が尽きた状況下での過酷な行軍。捕虜の虐殺。「引き金を引くためには憎しみが必要だった。だがいまはもうない」とある者は語る。だがそのためには、三十余年の時間が必要だった。



ロラ・アリアス『MINEFIELD──記憶の地雷原』2018 京都芸術劇場 春秋座
[撮影:松見拓也 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局]

「ドキュメンタリー演劇」の例にもれず、ここで顕在化するのは、「当事者として語る出演者たち」と「演出家」という「二重の声」、「語る主体の二重性」という構造である。当事者たち個々の経験や記憶を「演出家」としてメタレベルで統合するアリアスは、「並置」や「対比」の構造により、兵士として置かれた状況の類似性/対照性を示し、戦争には勝者も敗者もないことを浮き彫りにしていく。だが、基本的には各陣営に分かれ、見えない壁に区切られたままの両者が初めて「対面」する場面が訪れる。退役後、PTSDに苦しみ、心理学を学んで退役軍人のセラピストになった者が聞き役となり、患者役と語る。「戦火を交えたイギリス人とアルゼンチン人が、過去の戦争=トラウマについて対面して語る」という極めて象徴的な場面だ(ただし、対話は一見成立しているが、戦争の呼称と同様、英語/スペイン語、それぞれの言語に分裂したままではある)。



ロラ・アリアス『MINEFIELD──記憶の地雷原』2018 京都芸術劇場 春秋座
[撮影:松見拓也 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局]

また終盤では、イギリス人もアルゼンチン人も共に同じバンドのメンバーとしてステージに上り、戦争の愚かしさへの糾弾をシャウトで繰り出し、熱いロックを歌い上げる。「燃える人間を見たことがあるか」「何のために戦うのか」といった激しいシャウトのリフレイン。客席も一体となって引き込むようなクライマックスの熱気だが、一人だけバンドに加わらず、舞台袖から冷静に眺めていた「元グルカ兵」がいたことに注意しよう。ネパールの山岳民族から構成されるグルカ兵は、イギリス陸軍のなかでも異質な立ち位置であり、彼は退役後も民間警備会社に勤め、世界各地の紛争地を転々とする人生を送ってきた。民族や国籍の差異に加え、(フォークランド紛争/マルビナス戦争の終結後も)戦争産業に従事する移民労働者である彼は、何重にも他者性を帯びた存在として舞台上に存在する。彼が一人、(おそらく)母語で歌うエキゾティックな旋律の歌は、それゆえ、(たとえそれが「戦争反対」であれ)ひとつの大きな集団の声には包摂されない、異質な個人の声としてその傍らで響くのであり、そこにアリアスの演出家としての倫理性や繊細な眼差しを見てとることができる。



ロラ・アリアス『MINEFIELD──記憶の地雷原』2018 京都芸術劇場 春秋座
[撮影:松見拓也 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局]

公式サイト:https://kyoto-ex.jp/2018/

2018/10/26(金)(高嶋慈)

マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』

会期:2018/10/20~2018/10/21

ロームシアター京都 サウスホール[京都府]

ヴェネツィア・ビエンナーレ2018舞踊部門での銀獅子賞受賞など、世界的な注目を集めるマレーネ・モンテイロ・フレイタスがKYOTO EXPERIMENTに初登場。本作『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』では、2時間以上にわたり、ナンセンスとキッチュの極みが身体運動と音響的現前として繰り広げられた。それは、オペラ歌曲やバレエ音楽の援用が示すように、ヨーロッパ文化が洗練を極めた果ての裏返しであり、軍隊的所作や医療を思わせる衣装と小道具が多用されているように、「規律化された狂気」とでも言うべき現代社会の歪んだカリカチュアである。

開演と同時に観客が会場に足を踏み入れると、既に幕は上がっており、客席の通路には4人のトランぺッターが軍隊のバンドのように行進している。舞台上にはランウェイのように黄色のカーペットが敷かれ、白い医療着のような衣装に身を包んだダンサーたちが、せわしない反復運動をゼンマイ仕掛けの人形のように繰り返している。彼らは個々に交渉を持つことはないが、何かの見えない意思によって制御され、全員が同じリズムに従事させられている。それはオーケストラを思わせるが、彼らの前に用意された「譜面台」は、子どもの無邪気な遊戯のようにひねくり回され、コンピュータのキーボードに、松葉杖に、開いた傘に、ライフル銃にと次々に変貌する。優雅なセレブも、松葉杖をつく男も、銃を構える兵士も、抗えない力に動かされ、目を剥き出して表情を引きつらせながら反復運動に従事し続ける。幼児的な退行性と病理的な暴力性がそこかしこで噴出する。

「音楽」は本作を牽引する大きな原動力だ。トランペット隊はブラスバンドのパレードのように身体運動を繰り出し、ダンサーたちもコーラスでそれに応答する。美しい声の唱和は、休憩を兼ねた(?)飲料水の摂取シーンの後、ガラガラといううがいの音で奏でられ、ダンサーたちはゲップや水を盛大に吐き出しながら不快音のコーラスに従事する。神経を逆なでするような舞台上の狂騒は、ラストで延々と流れる「ボレロ」のシーンで最高潮に達する。カスタネットを鳴らしながら、これでもかと腰を左右にくねらせる男性ダンサー。トランペット隊は、先端が赤く塗られた白い円錐形のオブジェをアイスのように舐め、マイクのように客席に突き出し、性器のように股間にあてがう。舞台中央では、ナンセンスな反復運動に従事していた女性ダンサーたちが振り向くと、白い医療着には血しぶきが飛び散り、赤く染まった指を絡めて口の前でヒラヒラさせる様は、剥きだした牙や咥えた肉片のようで、カニバリズム的欲望を想起させる。ここでは、舞台奥でギクシャクと指揮棒を振るう「オーケストラの指揮者」さえも、何者かによって操られ、狂乱の機構の一部分と化しているのだ。自宅での出産を股開きのアングルで捉えた映像の衝撃的な挿入(原一男『極私的エロス・恋歌1974』からの引用)を挟みつつ、肥大化した病理の表出を、緻密に振付けられた無秩序の世界として、約2時間同じテンションを保ったまま押し切った怪作だった。



マレーネ・モンテイロ・フレイタス『バッコスの信女―浄化へのプレリュード』2018 ロームシアター京都
[撮影:浅野豪 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局]

公式サイト:https://kyoto-ex.jp/2018

2018/10/20(土)(高嶋慈)

artscapeレビュー /relation/e_00046028.json s 10150523

セシリア・ベンゴレア&フランソワ・シェニョー『DUB LOVE』

会期:2018/10/18~2018/10/20

ロームシアター京都 ノースホール[京都府]

KYOTO EXPERIMENT 2014で上演された『TWERK』では、クラブカルチャーとクラシックバレエ、猥雑さと技術的洗練のめくるめく混淆を強烈な音響とともに刻み付けたセシリア・ベンゴレア&フランソワ・シェニョー。強靭な身体性と鍛え上げられたテクニックをベースに、サーカス的なアクロバティックな運動やショー・ダンス的な要素、クラブでの踊りを振付言語として取り入れ、またドラァグクイーンのメイクを参照することで、「バレエ」及び「ジェンダー」という制度やその境界を撹乱し、ダンスが超人的な身体能力や「性」を商品として見せる側面を軽やかに批評した。

今回、KYOTO EXPERIMENT 2018で上演された『DUB LOVE』で戦略的に用いられたのは、「トウシューズ」という装置である。冒頭、暗がりから現われた姿を見て、初め「女性ダンサー」であると思ったのは、「彼」がトウシューズを着用し、爪先立ち(ポワント)で近づいてきたからだ。本作では、女性のセシリア・ベンゴレアのみならず、フランソワ・シェニョーともう一人の肌の黒い男性ダンサーの全員がトウシューズを履き、それがもたらす身体運動の拡張性/拘束性と徹底して戯れる。とりわけ開幕早々、膝を曲げて両足を開いた「M字開脚」の姿勢を保ったまま、ポワントで立ち続けるシェニョーの芸(?)は圧巻だ。数分間、いやもっと続いただろうか。バランスを取るように水平に伸ばした両腕を動かしたりするが、下半身は微動だにせず、強靭な筋力に支えられていることが分かる。このポワントの「M字開脚」に加え、同じくポワントでの高速回転や、曲げた膝に手を置き前屈みで歩行する、といった動作が各ダンサーによって何度も繰り返される。それは、床から数十センチ浮き上がり、地上の肉体を縛る重力の軛から束の間解放された喜びの旋回のようでもあり、じっと何かの重みに耐えながら困難な歩行を続けようとする不屈の意志のようでもある。クラシックバレエの優美さとその畸形性、そして「トウシューズ」の逸脱的な使用法による身体運動の拡張性が同時に見せつけられる。



セシリア・ベンゴレア&フランソワ・シェニョー『DUB LOVE』2018 ロームシアター京都
[撮影:松見拓也 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局]

さらに、ここでの「トウシューズ」は、ドラァグクイーンがパフォーマンスで着用する「ハイヒール」の代替物でもあると言えるだろう。通常のクラシックバレエでは主に女性ダンサーが着用するトウシューズは、ジェンダーと強固に結びついた装置である(男性役/女性役を明確に分け、儚い妖精や悲劇のヒロインとして「女性」を描く一方、彼女の軽やかな飛翔を力強く支える「男性」を必要とするバレエの構造自体、ジェンダーの再生産装置でもある)。ベンゴレアとシェニョーはそれを逆手に取り、拘束具であると同時にジェンダーの境界を侵犯する装置としてトウシューズの着用を戦略的に選択する。もちろん、これは舞台公演である以上、彼らは観客の(好奇の)眼差しに晒されている(『TWERK』と同様、派手なアイメイクを施し、腕に付けたスパンコールを妖しく煌めかせるシェニョーの姿は、シンプルなレオタード姿ながらもドラァグクイーンを想起させる)。従って、舞台の片側の壁全面に貼られた鏡は、「バレエのレッスン場」を模すると同時に、ここが「眼差しの支配する場」であることを示唆してもいる。だが、ポワントの姿勢で手を取り合って支え合い、バランスを崩しそうになりながらも覚束ない歩みを進める3人は、ぎこちなくも三美神のダンスを思わせ、固い連帯の内に祝福し合っているように見える。それは、クィア、女性、有色人種という、「白人男性」の支配的カテゴリーから疎外され周縁化された者たちによる、困難な歩みと連帯の意志として映った。



セシリア・ベンゴレア&フランソワ・シェニョー『DUB LOVE』2018 ロームシアター京都
[撮影:松見拓也 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局]

そして、彼らの力強いダンス、「バレエ」や「ジェンダー」の制度を越境しようとする歩みを音響的に支えるのが、レゲエの音響加工技術である「Dub」とダブプレートDJによるライブパフォーマンスである。舞台奥には高さ約3mのスピーカーが壁のように組まれ、陽気でまったりとしたメロディと重低音のビートが鼓動のように流れ出す。終盤、ダンサー達が去った無人の空間を、ひと際大きく増幅された重低音のビートが包み込む。身体中の骨や関節にまで響いて感じられるそれは、ダンサーが発したバイブレーションの名残りのように私の身体に共鳴し、包み込んだ。


公式サイト:https://kyoto-ex.jp/2018

2018/10/18(木)(高嶋慈)

artscapeレビュー /relation/e_00046028.json s 10150522

山城知佳子『あなたをくぐり抜けて』

会期:2018/10/12~2018/10/13

京都芸術センター[京都府]

あいちトリエンナーレ2016で発表され、反響を呼んだ映像作品《土の人》の展示とともに、同作から展開されたパフォーマンス作品をKYOTO EXPERIMENT 2018にて発表した山城知佳子。映像で構築した世界をどうパフォーマンスとして表現し、「いま・ここ」の観客の生身の身体に反響させることができるか。それは、「沖縄戦の記憶の継承」という山城の過去作品に通底するテーマとも繋がっている。起点として、サイパン戦の生存者の証言を山城が自身の声と身体でなぞった《あなたの声は私の喉を通った》(2009)があるが、本作では、ヒューマンビートボックス・アーティスト、ラッパー、DJ、そしてエキストラのパフォーマーたちとの協同作業を通して、「記憶の継承と他者への分有」の営みが、山城自身からさらに若い世代へと受け渡され、提示された。

天幕のように頭上を覆うスクリーンの下、観客は床に座って鑑賞する。正面右側にはリビングルームのようにテレビとソファが置かれている。出演者の男性3人が登場し、テレビをつけると、安倍首相とトランプ米大統領の会見が流れる。日米同盟、安全保障の重要性を述べる安倍首相。スクリーンには東京と思しき夜の市街地を俯瞰で捉えた映像が流れ、不穏なサイレンが鳴り響く。平凡な日常の光景と、場違いなサイレンの不協和音。それは、かつて鳴り響いた「空襲警報」の残響なのか、起こり得る未来の予兆なのか。時空の混淆は既に始まっている。観客はそのただなかに、身体ごと投げ込まれる。



山城知佳子『あなたをくぐり抜けて―海底でなびく 土底でひびく あなたのカラダを くぐり抜けて―』2018 京都芸術センター
[撮影:前谷開 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局]

スクリーンは沖縄戦の記録映像に切り替わり、頭上を閃光が飛び交い、砲弾が炸裂する。初めはサイレントだった映像に、記憶が蘇るように「音」が付いて流れ出すとき、見ている私たちもまた、誰かの網膜に映った記憶を追体験しているような錯覚に陥る。「ヒューン」という砲弾の飛来音、激しい炸裂音、「ドドドドドッ」という機銃掃射の音。だがそれらの「音」は、ヒューマンビートボックス・アーティストのSh0hにより、眼前で奏でられているのだ。フィルムから失われた「音」(それは、沖縄戦体験者の耳奥にこびりついていたであろう音だ)が、「いま・ここ」でヒューマンビートボックス・アーティストの身体を通して再び鳴り響く。やがて砲撃音は止み、彼が奏でる小鳥のさえずりが「戦争の終結」を暗示する。だが、それが建設機械の作業音のような音に変わるとき、基地の建設という「復興」、さらには(日本政府が押し進める)辺野古の埋め立てという「未来」も予感させる。また、(《土の人》の展開と同様に)ヒューマンビートボックスによる爆撃音が、爆音のクラブミュージックへと変わるとき、戦争とポップカルチャー、軍事的支配と娯楽という「アメリカ」の二面性が音響的に示される。

このように前半は、映像と音響のライブパフォーマンスとの相乗効果により、沖縄の過去・現在・未来が交錯した多重的な時空間が差し出される。そして時空の混濁は、死者を召喚させるだろう。深く息を吐くような音とともにゆっくりと現れる、俯き加減で顔のよく見えない、白衣の者たち。彼らはくずおれるように傾斜を転がり落ち、座る観客どうしの間に身体を割り込ませて侵入してくる。スクリーンには深い森や揺れる草、銃を構える米兵、飛び交う閃光や砲撃が映る。大地と溶け合ったように身を横たえる彼らが、夢のなかで繰り返し見ている記憶なのだろうか。やがて彼らは一人、また一人と立ち上がり、低い呟きを口々に発しながら歩き始める。殺さないでという嘆願、母と姉の背中を追いかけてジャングルを必死に逃げたこと。ひと際大きな声が、力強いラップのリズムを刻んでいく。沖縄出身のラッパー、Tokiiiが、戦争を二度と起こしたくないという思いと平和で美しい島への希求をストレートに歌い上げる。戦争から「80年」、「90年」、「100年」が経った未来から彼は語りかける。時間はどんどん前へ進み、やがて彼の声は不気味に歪み、切り刻まれた断片のエコーとなって亡霊的に宙を漂う。スクリーンには、《コロスの唄》(2010)、《沈む声、紅い息》(2010)、《肉屋の女》(2012)、《土の人》など山城の過去作品の断片が流れ、ライブの手持ちカメラで捉えられた客席の映像も差し挟まれる。

終盤では一転して、スクリーンに映った百合の花に祈りを捧げるように、パフォーマーたちが両手を天に差し出し、クラッピングの力強いリズムを刻んでいく。《土の人》の圧巻のラストシーンが、ライブパフォーマンスで再現された。それは死者との交歓のようにも、生命の力強さを寿いでいるようにも見える。最後は山城自身も観客もクラッピングに参加し、力強いリズムが会場を満たした。



山城知佳子『あなたをくぐり抜けて―海底でなびく 土底でひびく あなたのカラダを くぐり抜けて―』2018 京都芸術センター
[撮影:前谷開 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局]



山城知佳子『あなたをくぐり抜けて―海底でなびく 土底でひびく あなたのカラダを くぐり抜けて―』2018 京都芸術センター
[撮影:前谷開 提供:KYOTO EXPERIMENT事務局]

本作の元となった《土の人》でも「声」と「言葉」は重要な要素だが、本作の制作過程において山城は、ラッパーのTokiiiや40名以上のエキストラのパフォーマーたちに、沖縄戦の体験者の言葉を読んでもらい、それぞれが一人称に置き換えて捉え直す作業をしてもらったという。多数の「あなた」の身体をくぐり抜けた声を聞く観客もまた、いささかの居心地悪さの感覚とともに身体的に巻き込まれざるをえない(這うように身体をねじ込ませてくるパフォーマーとの接触、映像を客観的に「見ている」自分たちがライブカメラで映し出され、「見られている」という反転)。映像と音響と生身のパフォーマンスが身体感覚を揺さぶり、ドキュメントや証言と想像力の交差により、「過去・現在・未来」が多重的に重なり合う時空間のなか、他者の記憶の共有・継承への可能性が、舞台の一回性の経験として迫る作品だった。


公式サイト:https://kyoto-ex.jp/2018/

関連記事

KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭 2017 山城知佳子「土の唄」|高嶋慈:artscapeレビュー

未来に向かって開かれた表現──山城知佳子《土の人》をめぐって|荒木夏実:フォーカス

2018/10/13(土)(高嶋慈)

artscapeレビュー /relation/e_00046028.json s 10150521

地点『だれか、来る』

会期:2018/10/11~2018/10/14

アンダースロー[京都府]

半ば世を捨てるようにして海辺の古い家へと越してくる「彼」と「彼女」。そこに現われる家の売主だという「男」。描かれるのは家に着いてからその晩までの短い間。「男」の訪問と「彼女」の態度が「彼」の心をかき乱す。波のように寄せては返す言葉の繰り返しがミニマムな三角関係のドラマに劇的な効果を与え、緊張は徐々に高まっていく。

ノルウェーの作家ヨン・フォッセの戯曲はもともと詩的なリズムを持っているが、今回の地点の上演ではそこに新たなリズムが加えられている。二人一役を基本として、同じセリフがエコーのように二度(あるいはそれ以上)繰り返されるのだ。「だれか来る?」「だれか来る」。自問自答のように繰り返されそのたびに異なるニュアンスを響かせる言葉。彼らは引き裂かれている。「彼」は「彼女」を愛しているが信じきれない。「彼女」は「彼」を試すようでも裏切っているようでもある。親切めかした「男」の態度には欲望が透けて見え、しかし決定的な行為は描かれない。

空間もまた複数の領域の間で引き裂かれ宙吊りになる(美術:杉山至、照明:藤原康弘)。氷柱のようにいくつも連なるLEDライトの光は家の明かりのようにも瞬く星のようにも見え、ときに青く輝くそれは海面のようでもある。うちと外、空と海。二つの領域は容易に溶け合いあるいは反転する。生と死さえも例外ではない。

[撮影:松見拓也]

「彼」(安部聡子/小河原康二)と「彼女」(窪田史恵/田中祐気)が「二人きり」だと言うその瞬間、「男」(石田 大/小林洋平)はしばしばすでにそこにいる。だが「男」はその存在に気づかれない。観客と同じように。亡霊のような彼ら/私たち。白い布で覆われた椅子はそこが過去の場所であることを暗示していた。

執拗に繰り返される「だれか来る」という言葉には不安と期待が共存する。ドラマを起動するのは来訪者だ。戯曲に書き込まれた悲劇の予感は、「そこ」に来訪者があるたび、亡霊として繰り返されることになるだろう。


[撮影:松見拓也]

地点:http://chiten.org/

2018/10/13(山﨑健太)

文字の大きさ