2017年05月15日号
次回6月1日更新予定

artscapeレビュー

パフォーマンスに関するレビュー/プレビュー

プレビュー:したため#5『ディクテ』

twitterでつぶやく

会期:2017/06/22~2017/06/25

アトリエ劇研[京都府]

京都を拠点に、近年着実に力をつけてきている「したため」は、演出家の和田ながらが主宰する演劇ユニット。初期作品では、台本を用いず、出演者との会話を積み重ね、その人の記憶や経験から言葉を引き出し、「演劇」としての時空間を構築していく方法論が試みられていた。近年は、自由律俳句や小説など、戯曲でない(演劇の舞台のために書かれたのではない)テクストを台本として用いる手法へとシフトしている。特に、昨年発表された『文字移植』は、ドイツを拠点に、日本語とドイツ語の両方で執筆する作家である多和田葉子の同名小説を、「演劇」として俳優の発話する身体に「移植」する試みであった。「翻訳」の(不)可能性、言語の物質性、異言語や異文化の越境に伴う身体的な違和感を主題としたこの小説では、原文のドイツ語の語順のまま、単語が読点で区切って並べられ、日本語の文法構造が破綻したパートと、読点が一切ない日本語で書かれたパートが交互に登場する。そうした構造的な仕掛けに加え、ポストコロニアルと男性中心主義への批評が何重ものメタファーによって仕掛けられ、多層的な解釈をはらむ小説だ。したためは、美術作家の林葵衣による舞台美術の力も借りつつ、俳優の身体表現と声によって、テクストの密度を音響的・立体的に立ち上がらせることに成功していた(詳細は、以下のレビューをご覧いただきたい)。
今回の新作公演でしたためが挑むのは、テレサ・ハッキョン・チャによる実験的なテクスト『ディクテ』。朝鮮戦争と軍政を逃れて渡米したチャは、コリアン・ディアスポラとして二重化された生と言語を生きる自らの苦痛に、日本の植民地支配により母語を剥奪された母の世代の記憶を重ね合わせ、英語とフランス語に漢字やハングルが混じる多言語の使用と、フランス語の書き取り練習、カトリックの教義問答、映画の台本など、様々な文体のコラージュからなる極めて多層的なテクスト『ディクテ』を書いた。前作の『文字移植』においても主題化されていた、翻訳、ポストコロニアル、異文化・異言語へ移植される身体、発話的苦痛、ジェンダーといったキーワードが、本公演『ディクテ』ではどのような深化をとげるのか、非常に興味深い。舞台美術は前作と同じく、林葵衣が担当。さらに、外国から日本に移住した人々に取材する作品を継続的に発表しているBRDGの山口惠子が出演者として参加する。演出家の松田正隆による舞台化や山田うんによるソロダンス作品など、これまで何度も舞台化されてきた『ディクテ』だが、したため版はどのようなものになるのか、見逃せない。

関連レビュー

したため#4『文字移植』|高嶋慈:artscapeレビュー

2017/04/30(日)(高嶋慈)

プレビュー:akakilike『家族写真』

twitterでつぶやく

会期:2017/05/19~2017/05/21

京都芸術センター[京都府]

客席空間の壁際で、あるいは一番奥で、暗闇に身を潜めて三脚を構えた写真家が、舞台上のパフォーマンスを撮影する。その時、写真家の身体は(上演中の舞台にとっても観客の意識においても)限りなく消去され、「不在」のものと化している。ところが本公演『家族写真』は、写真家も「出演者」として舞台に上がり、ダンサーや俳優らと「家族」の一員を演じつつ、舞台上で同時進行的に「撮影」を行なうというものだ。写真家の「撮る」身体や行為の露出・前景化がまずは企図される。この作品は、演出家、振付家と写真家が共同制作する企画『わたしは、春になったら写真と劇場の未来のために山に登ることにした』のひとつとして、2016年8月に京都のアトリエ劇研で上演された。また、舞台上で写真家・前谷開が撮影した写真作品は、個展「Drama researchと自撮りの技術」として、12月に京都のDivisionで展示された(それぞれの詳細は、下記のレビューをご覧いただきたい)。
再演となる今回は、前回の出演者6名に加え、ダンサーの佐藤健大郎が新たに参加する。演出の倉田翠によれば、出演者たちが同じようにテーブルを囲みつつ、少しずつ変化が入ってきて、物語が「家族」の外に広がり、再演というより再制作の形に近いという。「家族」という単位のフィクショナルな危うさと強固さ、それをメタフォリカルなレベルで支える「簡易テーブル」という舞台装置、団らん/葬儀といった集合的な行為や依存/苛立ちといった愛憎的な感情を抽象化した運動、さらには写真家の「撮る」身体の露出・前景化、「見る」視線と「見られる」客体との往還、「フィクション」とその記録行為の併存、舞台のフレームと写真撮影のフレームの二重化/ズレなど、本作の魅力は尽きないが、そこにどう新たな変化が加わるのか、非常に楽しみだ。


撮影:守屋友樹

関連レビュー

「家族写真」|高嶋慈:artscapeレビュー

前谷開「Drama researchと自撮りの技術」|高嶋慈:artscapeレビュー

2017/03/29(水)(高嶋慈)

読響第94回みなとみらいホリデー名曲シリーズ

twitterでつぶやく

会期:2017/03/20~2017/03/20

横浜みなとみらいホール[神奈川県]

下野竜也が読響で首席指揮を務める最後のコンサート@みなとみらい。プログラムが面白い。マニアックなフィリップ・グラスのミニマル・ミュージックと、彼の思い入れがあるドヴォルザーク「新世界より」の組み合わせだけでも変わっているが、冒頭とラストのおまけがパッヘルベルのカノンである。オーケストラで、こんなにベタ曲をと思いきや、最初のカノンの演奏では、低音を中心手前、高音を周囲に散らし、立体的な音空間をつくりあげる。そして、最後は順番に演奏者が増え、全員になると、今度は順に退場し、最後は誰もいなくなるという凝った演出だった。

2017/03/20(月)(五十嵐太郎)

神奈川県民ホール・オペラ・シリーズ2017 W.A.モーツァルト作曲 魔笛 全2幕

twitterでつぶやく

会期:2017/03/18~2017/03/19

神奈川県民ホール[神奈川県]

ともすれば、子どもだましで、コミカルな学芸会風の装置になりがちなこの演目に対し、闇と光、回転するリング群だけで構成された舞台美術は、驚くべきシンプルなものだが、佐東利恵子らのダンスとナレーションを増量している。おそらく正統なオペラファンには目障りかもしれないが、こうした実験がなければ、今回の演出にわざわざ勅使川原三郎を起用した意味がない。美しい舞台で、指揮や歌もよかった。

2017/03/19(日)(五十嵐太郎)

舞台芸術創造事業 ストラヴィンスキー「兵士の物語」

twitterでつぶやく

会期:2017/03/18~2017/03/18

東京文化会館[東京都]

革命や戦争で資産が奪われ、十分なメンバーを集めにくいなか、巡回公演で稼ぐことを考えてつくられた作品である。なるほど、シンプルなアンサンブルと演者陣だった。語り手に能楽師を入れ、台詞、設定、背景を日本化した演出によって、欲望をめぐる兵士と悪魔の駆け引きが描かれる。

2017/03/18(土)(五十嵐太郎)

▲ページの先頭へ

文字の大きさ