2018年04月15日号
次回5月15日更新予定

artscapeレビュー

2012年02月15日号のレビュー/プレビュー

都築響一「暗夜小路」

会期:2011/11/25~2012/01/09

ナディッフギャラリー[東京都]

「上野~浅草アンダーグラウンド・クルーズ」とサブタイトルに謳う「暗夜行路」ならぬ「暗夜小路(こうじ)」。女装図書館にフンドシ飲み屋、イミテーションゴールドの被せ金歯やキラキラの宝石歯など裏世界が満載だが、圧巻はホンモノそっくりのダッチワイフ。いや最近はこのテのリアルな人形をラブドールと呼び、安価な風船状のダッチワイフと区別するらしい。シリコン樹脂製のナイスバディは触るとウヒョヒョーッ、もっちり感があってたまらんですわ。ただ冷たいのが残念だが(夏はサイコーかも)。下はどうなっちょるかのぞいてみたら、オケケの奥にあるあるオナホールが。指つっこんでみたらちゃんと濡れちょるばい。こりゃケッコー使い勝手がありそうだと感心しつつ素知らぬ顔で階上の本屋にいったら、監視カメラでしっかり見られていた。ラブドール、いまウィキペディアで調べてみたら、シリコン製は高価で一体60万円前後するという。笑ったのは、股間のシリコンは裂けやすいのでムリヤリ広げないようにとか、処分に困ってゴミ集積所や空き地に捨てたら死体遺棄と間違われたとか、自分が死んだら一緒に棺桶に入れてほしいという人もいるらしいが、シリコンと金属でできているので火葬場で焼くことは禁じられてるとか……。人間と似て非なるものゆえに奥が深い。

2012/01/04(水)(村田真)

大森克己「すべては初めて起こる」

会期:2011/12/15~2012/01/29

ポーラミュージアム アネックス[東京都]

大森克己の「すべては初めて起こる」は注目すべき写真シリーズだ。「3・11」以後、さまざまな写真家たちの仕事が発表されてきたのだが、そのほとんどはドキュメンタリーの範疇に入る仕事だった。本作品も広義のドキュメンタリーと言えなくはないが、そこには大森の写真家としての表現の意志がかなり強くあらわれてきている。震災という大きな出来事をどう受けとめ、投げ返していくのか。写真に限らずすべての表現ジャンルで問われるべきことだが、その優れた解答のひとつと言えるだろう。
大森は震災直後から自宅の周辺の桜を撮り始める。彼にはすでに桜をテーマにした『Cherry Blossoms』(リトルモア、2007)という写真集があり、ごく自然な身体的反応だったのではないかと思う。次に彼は福島県に向かうことにする。これまた直感的な反応であり「放射能、撮らなきゃって」思ったのだという。ところが、その時点で思いがけない要素が付け加えられた。「East LAのメキシカン・マーケット」で購入したのだという2個の「ピンクの半透明の球体」が、カメラのレンズの前にぶら下げられたのだ。
彼がなぜそんなトリッキーな仕掛けを凝らしたのか、普段の大森の仕事を知っているわれわれにとっては意外としか言いようがない。おそらく、彼自身にもよくわからないのではないかと思う。とにかく大森は「そうしたい」、「そうせざるを得ない」と心に決め、福島の地で桜や津波の跡の光景に向けてシャッターを切った。結果として、写真の画面(すべて縦位置)には奇妙なピンク色の光のフレアーが写り込むことになった。どこに出現するのか予測がつかない、その薄く丸いフレアーを透かして、向うの景色がぼんやりと見えている。
「震災後の桜」という主題は決して珍しいものではない。むしろステロタイプな被写体と言えなくもない。実際、「3・11」以後に撮影された多くの写真に、桜が写っているのを目にしてきた。だが、「ピンクの半透明の球体」のフレアー効果がそこに加わることで、風景が多層化し、「震災後の桜」という意味づけに単純に回収されることのない奥行きが生じてきている。そのことで、このシリーズは大森克己が見た「震災後の桜」としての固有性を獲得していると思う。なお、会場限定で同名の大判写真集(MATCH & Company)も発売された。1万5,000円という値段に見合った堅牢な造本の(でも、重くてとても扱いづらい)ポートフォリオ型の写真集だ。

2012/01/04(水)(飯沢耕太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00015638.json s 10021620

伊藤之一「隠れ里へ」

会期:2012/01/04~2012/01/15

RING CUBE[東京都]

伊藤之一は2000年に博報堂から独立して事務所を構えて以来、広告関係の仕事をするとともに独自の作家活動を展開してきた。その成果は2003年以来『入り口』『ヘソ』『テツオ』『電車カメラ』『雨が、アスファルト』といった写真集にまとめられている。写真集が送られてくるたびに、その明快なコンセプトと画像のセンスのよさに注目していたのだが、どうも写真家としての“芯”の部分がうまくつかめないもどかしさがあった。それが今回の個展を見て、さらにそこに掲げられていた『日本カメラ』編集長、前田利昭の「なにかを準備する写真家」という素晴らしい文章を読んで、少しずつ見えてきたように思う。
「隠れ里へ」というタイトルは、白洲正子のエッセイ「かくれ里」(1971年)を踏まえたものだという。白洲がそこで取りあげている琵琶湖沿岸の東近江地方を、伊藤も撮影している。だが、特に説明的な撮り方ではなく、水、雪、樹木、花々光などをスクエアな画面に断片的に切り取っていくやり方をとる。そのことによって、湖北・東近江という特定の地域に限定されることがない、人里の近くにひっそりと息づいている「隠れ里」の手触りや空気感がしっかりと写り込んでくる。前田が書いているのは,今回の写真群がこれまでの伊藤の作品の軽やかな試行とは違って、「なにか“屈託”のようなもの」を浮かび上がらせ、「“写真の不自由さ”と対峙している感じ」を与えるということだ。これは重要な指摘だと思う。「“写真の不自由さ”」に身を震わせ、もがくことで、写真家としての壁を乗り超えることができるのではないだろうか。少なくとも、ここにはコンセプトを自分の手で無化して(無視ではなく)いこうとする強い意志を感じることができる。

2012/01/04(水)(飯沢耕太郎)

シャルロット・ペリアンと日本

会期:2011/10/22~2012/01/09

神奈川県立近代美術館 鎌倉[神奈川県]

内容はすでに知っていることが多かったが、サカ(=坂倉準三)と仲がよかったペリアンの展覧会をここ(=彼の設計した神奈川県立近代美術館)で開催できたのはよかった。改めて、家具とインテリアという彼女の立場は、男性中心主義的になりがちな建築界においてとてもうまく機能していたことがわかる。もっとも、日本との関係に焦点をあてたフレームの展覧会なので、『シャルロット・ペリアン自伝』(みすず書房)に描かれたような、彼女の20世紀の世界史と重なるダイナミックな生涯はちょっとわかりにくい。

2012/01/04(水)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00015292.json s 10021633

ホンマタカシ「その森の子供 mushrooms from the forest 2011」

会期:2011/12/17~2012/02/19

blind gallery[東京都]

ホンマタカシは大森克己と日本大学芸術学部写真学科の同級生だったはずだが、その写真家としての方向性はかなり違っていた。だが、「3・11」後の行動パターンがどこか重なり合ってきているのが興味深い。大森が福島県に桜を撮りに行ったのに対して、ホンマはきのこに目を向けた。実は福島第一原子力発電所の事故後に飛散した放射能の影響を最も大きく被った生きもののひとつは、きのこなのだ。政府は2011年9月15日に、福島県内で採集したきのこを出荷するのを禁じる通達を出す。森の隅々に菌糸を伸ばしているきのこは、その細胞組織に放射能を蓄積しやすいのだ。
ホンマはその後、福島の森に入り、きのこたちと彼らを取り巻く森の環境を撮影し続けた。本展にはそのうち22作品(隣接するブックショップPOSTにも2作品)が展示されていた。もっとも、ホンマはすでに震災前からきのこを撮影し始めており、その一部は昨年5月のLim Artでの個展「between the books[Mushroom…]」でも展示されている。今回の個展は手法的にも内容においてもその延長線上にあるものだが、たしかに震災によって写真の見え方が大きく変わってしまったことは間違いないだろう。
とはいえ、ホンマのきのこ写真を震災と関連づけて見るだけでは、その面白さを取り落としてしまうことになる。きのこはその形や色の多種多様さだけでなく、脆さ、儚さ、変幻自在さを含めて、いかにもホンマ好みの被写体なのではないだろうか。本展が「その森の子供」と名づけられていることに注目すべきだろう。彼には『東京の子供』(リトルモア、2001年)という写真集がある。バブル崩壊以後の都市の日常を生きる子供たちの、壊れやすい存在の形を繊細な手つきで写しとった写真集だが、これらのきのこ写真にも、どこか共通したたたずまいを感じるのだ。きのこについた土や落葉、ナメクジなどを含めて、白バックで、さりげなく、だが注意深く撮影することで、彼らの「森の子供」としての魅力がいきいきと伝わってくる。少なくとも僕の知る限り、きのこをこのように捉えた写真のシリーズはこれまでなかった。
なお、本展に合わせて同名の写真集(発行=blind gallery、発売=Lim Art)も刊行されている。田中義久のデザインによる、すっきりとした、端正な造本がなかなかいい。

写真=ホンマタカシ《その森の子供 #8》(2011)
タイプCプリント、267mm×337mm

2012/01/05(木)(飯沢耕太郎)

2012年02月15日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ