2018年07月15日号
次回8月1日更新予定

artscapeレビュー

2017年06月01日号のレビュー/プレビュー

東北大五十嵐研のゼミ合宿3 建築博物誌/アーキテクトニカ(ARCHITECTONICA)

会期:2013/12/14

東京大学総合研究博物館小石川分館建築ミュージアム[東京都]

小石川植物園にある東京大学総合博物館の建築博物館/アーキテクトニカへ。本展を企画した松本文夫から、博物館の概要に加え展示の内容やデザインについて詳しく案内していただく。大学で廃棄されかかったモノを救い出し、リサイクルした什器や、展示物を固定するための治具など、随所にIMT(インターメディアテク)と共通するこだわりが感じられる。

2017/04/21(水)(五十嵐太郎)

artscapeレビュー /relation/e_00025337.json s 10135773

東北大五十嵐研のゼミ合宿2 トレフォルムの集合住宅ほか

[東京都]

茗荷谷に移動し、増田+大坪事務所を訪問する。大学を卒業し、仲間とすぐに拠点を構えた場所が現在の職場になったという。興味深かったのは、大量の模型によるスタディはせず、コンピュータで全体と細部を同時に構想していくこと。ディテールのモックアップはつくるけど、模型の雰囲気に囚われないやり方を試みているという。また事務所から徒歩圏でまわれる近隣の建築を教えてもらう。閑静な住宅地のなかに、山口誠の《OGGI》、谷尻誠の住宅、TNAの《カタガラスの家》、トレフォルムの集合住宅(千葉学、小川晋一、西澤立衛)などが点在しており、建築家物件の密度が高い。

写真:左=《トレフォルム》 右上=山口誠《OGGI》 右中=谷尻誠 右下=《カタガラスの家》

2017/04/21(水)(五十嵐太郎)

東北大五十嵐研のゼミ合宿1 月島の改修

[東京都]

東北大五十嵐研のゼミ合宿。まずは千種成顕による月島の改修を見学した。看板建築が残る古い木造が並ぶ一角のリノベーションである。外部と内部のあいだの壁厚を取り、窓の額縁部分に鏡面のリングを入れ、風景が歪んで映り込む第三の虚構空間をつくる。什器は中央、天井にアート的な照明を吊るす。

2017/04/21(水)(五十嵐太郎)

地点『忘れる日本人』

会期:2017/04/13~2017/04/23

KAAT 神奈川芸術劇場[神奈川県]

舞台空間を紅白の紐が四角く囲い、その中に一隻の船がある。船底から、登場人物がひとりずつあらわれる。彼らは一様に、カニのような横歩きしか許されず、手もイソギンチャクのように常に揺れている。叫ぶように言葉は発せられる(戯曲は松原俊太郎)。どれも日本への苛立ちや生活への不満、将来への不安や現状への憤りを含んでいるようだ(登場人物たちの胸には日の丸のシールが貼られている)。けれども、意味はいつも途中で千切られ、行き先が曖昧になり、クラゲのように空を漂うばかり。まずは、その独特の(身体的また知的な)運動に圧倒される。強いエモーションを伴いながら、どこにも行き着かない彷徨する運動、リズム。途中から、何か言葉を発すると、「わっしょい」と全員で合いの手を入れるようになり、それが延々と続くようになった。意味は曖昧なまま、しっかりと共有されるリズム。その後、全員で船を担ぐことになり、すると息が合わなかったり、サボっているものがあらわれたり、コントのような笑いの場面になる。船は担ぐ人数に比して随分と重い。客席は彼らの虚しい努力を応援したい気持ちになってくる。登場人物のひとり、漁師風の男が客席に「ともだちはいませんか」と声をかける。観客の10人ほどが舞台に上がり、船を担ぐことに協力する。西へ東へ、船は舞台を移動し、奇妙な一体感が醸成された。「ともだち」が客席に返されると、登場人物たちは船を自力でひっぱりあげて、顔を歪めながら移動させる。観客との共同作業の際もそうだったのだが、この移動にさしたる目的は見いだせない。曖昧に、不安定に、移動の状態が継続されているだけだ。北朝鮮の核実験に翻弄させられ、トランプ政権の強気な外交に振り回されながら、日本としてなすべきことは、この状況に無言でついてゆくことだけという、2017年4月に生きる日本人としては、これ以上はないというくらい、今の自分たちの気分が表現されていると思わずにいられない舞台。『三月の5日間』から13年。その当時、渋谷のラブホや路上でうろうろする若者に戦争は遠く、不安は漠としたものだった。今、船は出航してしまった。ぼくらはあのラブホや路上にいた自分たちとさして変わってはいないのに、覚悟も準備もなく、出航してしまった。三浦基の緻密な演出は、日本人の現在を表象して見せてくれた。

2017/04/21(火)(木村覚)

オオニシ クルミ個展 形と記憶

会期:2017/04/16~2017/04/23

GALLERY 301 due[兵庫県]

画廊の壁面に、サンゴを思わせる小さな白いオブジェが数十点も並んでいる。なかには輪になったものも。近づいてじっくり見ると、それらは花や花束をモチーフにしたオブジェだった。細部までじつに細かい造形となっており、彫刻や彫塑では不可能なほどの緻密さだ。つくり方を聞いてみると、やはり生花を泥漿に浸して焼成したやきものだった。生花は窯の中で燃え尽きてしまうので、作品は一種のミイラ、生の姿を留めた死体、あるいは生命の抜け殻と言えるだろう。植物や衣服を泥漿に浸して焼成する陶芸作品はけっして珍しいものではない。しかし彼女の場合、花のかけらから花冠まで多様な作品を並べているのと、個々の作品から放たれる可憐な風情が印象的だった。作者は新人で、その初々しさ、技術と経験の足りなさが良い方向に作用したとも言えるだろう。技術面、造形面でまだまだ伸びしろがあると思うので、今後の展開が楽しみだ。

2017/04/21(金)(小吹隆文)

2017年06月01日号の
artscapeレビュー

文字の大きさ