2020年01月15日号
次回2月3日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

「Artwords®(アートワード)」について

これからのアートを読み解くために必須の用語として、artscapeが幅広い芸術・表現の分野から厳選した1,581語を収録した「現代美術用語辞典ver.2.0」を、これまでの「現代美術用語辞典ver1.0」と合わせて「Artwords®(アートワード)」という名称にいたしました。

ジャンルで検索する

五十音で検索する

著者一覧

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

レビュー/プレビュー

フォーカス

記憶と忘却の境界に「民話」は潜む

NEW記憶と忘却の境界に「民話」は潜む

著者:畑中章宏

ドキュメンタリーは事実がそのまま記録されるわけではない。撮影や編集の段階で、演出...

キュレーターズノート

非力さを再考する

NEW非力さを再考する

著者:田中みゆき

アート&カルチャー情報サイト「Hyperallergic」が毎年行なっている「T...

なぜアジアを語り続けるのか──<br>第7回アジア・アート・ビエンナーレ「山と海を越えてくる異人(The Strangers from beyond the Mountain and the Sea)」

NEWなぜアジアを語り続けるのか──
第7回アジア・アート・ビエンナーレ「山と海を越えてくる異人(The Strangers from beyond the Mountain and the Sea)」

著者:能勢陽子

シンガポールのホー・ツーニェンと台湾のシュウ・ジャウェイの二人の作家の企画による...

アッセンブリッジ ・ナゴヤ 2019<br>現代美術展「パノラマ庭園─移ろう地図、侵食する風景─」

NEWアッセンブリッジ ・ナゴヤ 2019
現代美術展「パノラマ庭園─移ろう地図、侵食する風景─」

著者:吉田有里

前回の記事に続き、 アッセンブリッジ・ナゴヤ 2019 の後編(前編は こちら ...

artscapeレビュー一覧

したため #7『擬娩』

NEWしたため #7『擬娩』

2019/12/06~2019/12/09 THEATRE E9 KYOTO

著者:高嶋慈

タイトルの「擬娩(ぎべん)」とは聞き慣れない言葉だが、文化人類学の用語で「妻の出...

宮城県美術館移転問題

NEW宮城県美術館移転問題

宮城県美術館

著者:五十嵐太郎

突然、発表された宮城県美術館移転の件。発表前に美術関係者から上がった悲鳴を聞いて...

動きの中の思索─カール・ゲルストナー

NEW動きの中の思索─カール・ゲルストナー

2019/11/28~2020/01/18 ギンザ・グラフィック・ギャラリー

著者:杉江あこ

1950年代からスイスで発展したグラフィックデザインを「国際タイポグラフィー様式...

カタログ&ブックス | 2020年01月15日号[近刊編]

NEWカタログ&ブックス | 2020年01月15日号[近刊編]

著者:artscape編集部

展覧会カタログ、アートやデザインにまつわる近刊書籍をアートスケープ編集部が紹介し...

トピックス

[PR]複製に宿るオリジナリティ── <br>職人の技とITがつくる複製原画「プリモアート®」

NEW[PR]複製に宿るオリジナリティ──
職人の技とITがつくる複製原画「プリモアート®」

著者:影山幸一

「複製画」と聞いてどのようなシチュエーションが思い浮かぶだろうか。例えば美術館の...

360°ビュー

子どもの頃の記憶がよみがえるような展覧会──<br> 松本力「記しを憶う」—東京都写真美術館コレクションを中心に

子どもの頃の記憶がよみがえるような展覧会──
松本力「記しを憶う」—東京都写真美術館コレクションを中心に

著者:松本力田村麗恵

絵かき、映像・アニメーション作家の松本力の個展「 『記しを憶う』—東京都写真美術...

六者六様の「子ども」像──<br>上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」

六者六様の「子ども」像──
上野アーティストプロジェクト2019「子どもへのまなざし」

著者:田中宏子

数多くの公募団体による展覧会が日々開催され、「公募展のふるさと」とも呼ばれている...

文字の大きさ