2021年04月01日号
次回4月15日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

「Artwords®(アートワード)」について

これからのアートを読み解くために必須の用語として、artscapeが幅広い芸術・表現の分野から厳選した1,581語を収録した「現代美術用語辞典ver.2.0」を、これまでの「現代美術用語辞典ver1.0」と合わせて「Artwords®(アートワード)」という名称にいたしました。

ジャンルで検索する

五十音で検索する

著者一覧

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

レビュー/プレビュー

フォーカス

国際婦人デーを祝して──イルクーツクの女性作家たちの功績とシベリア・アートの再発掘

NEW国際婦人デーを祝して──イルクーツクの女性作家たちの功績とシベリア・アートの再発掘

著者:多田麻美

世界中で猛威を振るった新型コロナの流行は、イルクーツクのアートをめぐる環境にも大...

キュレーターズノート

その土地の芸術──「段々降りてゆく─九州の地に根を張る7組の表現者」展

NEWその土地の芸術──「段々降りてゆく─九州の地に根を張る7組の表現者」展

著者:坂本顕子

「段々降りてゆく」よりほかないのだ。飛躍は主観的には生れない。下部へ、下部へ、根...

視覚言語と生成する身体──『夢の男』と千葉正也個展から

NEW視覚言語と生成する身体──『夢の男』と千葉正也個展から

著者:田中みゆき

視覚言語、と聞いてあなたは何を思い浮かべるだろう。人は8割あまりの情報を視覚から...

居心地、居場所、排除と公共空間──尾花賢一《上野山コスモロジー》と岸幸太写真展「傷、見た目」から

NEW居心地、居場所、排除と公共空間──尾花賢一《上野山コスモロジー》と岸幸太写真展「傷、見た目」から

著者:町村悠香

1月初めから3月下旬にかけて新型コロナウイルス流行のため、首都圏では再び緊急事態...

artscapeレビュー一覧

岡本光博 「オキナワ・ステーキ」

NEW岡本光博 「オキナワ・ステーキ」

2021/02/06~2021/02/27 eitoeiko

著者:村田真

「オキナワ」をモチーフにした岡本の個展。岡本と沖縄といえば、2017年に沖縄の伊...

「写真の都」物語 —名古屋写真運動史:1911-1972—

NEW「写真の都」物語 —名古屋写真運動史:1911-1972—

2021/02/6~2021/03/28 名古屋市美術館

著者:飯沢耕太郎

「『写真の都』物語」という展覧会のタイトルは、大正~昭和初期に、ゴム印画法による...

百瀬文『鍼を打つ』

NEW百瀬文『鍼を打つ』

2021/03/06~2021/03/10 SHIBAURA HOUSE 5F

著者:山﨑健太

「喉の奥に痛みがある」「頭痛がある」「ため息が多い」「頭の中が雲で覆われているよ...

カタログ&ブックス | 2021年4月1日号[テーマ:夫妻]

NEWカタログ&ブックス | 2021年4月1日号[テーマ:夫妻]

著者:artscape編集部

テーマに沿って、アートやデザインにまつわる書籍の購買冊数ランキングをartsca...

トピックス

新型コロナ禍での行政による文化芸術支援 これまでとこれから(後編)

新型コロナ禍での行政による文化芸術支援 これまでとこれから(後編)

著者:内田伸一

新型コロナ禍下の文化芸術活動に対する行政支援について、特に美術領域をめぐる状況を...

360°ビュー

テラヤマという「多面体」のなかを泳ぐ──<br>三沢市寺山修司記念館 常設展示室/特別企画展2020 vol.2「オリンピックと寺山修司」

テラヤマという「多面体」のなかを泳ぐ──
三沢市寺山修司記念館 常設展示室/特別企画展2020 vol.2「オリンピックと寺山修司」

著者:広瀬有紀

俳人であり、劇作家でもあり、映画監督でもあり、競馬評論家でもあり──数多の肩書き...

描かれた染織品や衣装から画業をひも解く──<br>藤田嗣治と彼が愛した布たち

描かれた染織品や衣装から画業をひも解く──
藤田嗣治と彼が愛した布たち

著者:岩永悦子

エコール・ド・パリ を代表する画家として知られ、近年ますます再評価の高まる藤田嗣...

文字の大きさ