2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

Artwords(アートワード)

twitterでつぶやく

『決定的瞬間』アンリ・カルティエ=ブレッソン

Image à la Sauvette(仏)/The Decisive Moment(英), Henri Cartier-Bresson

アンリ・カルティエ=ブレッソンの写真集のタイトル。1932年から52年までに撮影された126枚の写真を収録した本で、表紙の装丁にはアンリ・マティスのコラージュが用いられている。52年にフランスのヴェルブ社から刊行されたときのタイトルは『Image à la Sauvette』であったが、同年に刊行された英語版では、『The Decisive Moment』というタイトルが付けられた。この写真集は日本にも輸入されて注目を集めたが、タイトルとしては英語版を訳したものである『決定的瞬間』が流通し、この言葉がカルティエ=ブレッソンの写真術を象徴するものとして受けとめられていった。57年には『カメラ毎日』および毎日新聞社の主宰で、「アンリ・カルティエ=ブレッソン展 “決定的瞬間”」と題された展覧会も東京(日本橋髙島屋)と大阪(南海髙島屋)で開催されている。フランス語版タイトルの正確な訳については、これまでに「遁走するようなイメージ」(重森弘淹)、「消え去るイメージ」(楠本亜紀)、「不意に勝ち取られたイマージュ」(今橋映子)等のさまざまな案が提案されている。

著者: 冨山由紀子

参考文献

  • 『逃げ去るイメージ : アンリ・カルティエ=ブレッソン』, 楠本亜紀, スカイドア, 2001
  • 『〈パリ写真〉の世紀』, 今橋映子, 白水社, 2003
  • 『アンリ・カルティエ=ブレッソン 知られざる全貌』展カタログ, 東京国立近代美術館, 日本経済新聞社, 2007
  • 『こころの眼  写真をめぐるエセー』, アンリ・カルティエ=ブレッソン(堀内花子訳), 岩波書店, 2007
  • 『アンリ・カルティエ=ブレッソン伝』, 柏倉康夫, 青土社, 2007

参考資料

年代

ジャンル

関連ワード

関連人物

▲ページの先頭へ

アートワード検索

アートワードを検索

文字の大きさ