2022年10月01日号
次回10月17日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

「伊藤公象 WORKS 1974-2009」展

最終更新日:2009年06月15日

土を素材にした陶造形で知られる伊藤公象の35年間の歩みを紹介するものです。人為をできるだけ抑え、自然の作用を採り入れた有機的な創作の世界が、美術館の広大な展示空間に大型インスタレーションを伴い「秩序とカオス」としてダイナミックに展示されます。  伊藤は、ある時は土を凍らせ、ある時は乾燥による土の収縮や亀裂を創作に採り込むなど、自然現象を活かして千変万化する土の表情を生み出してきました。1978年にはインド・トリエンナーレ、1984年にはヴェネツィア・ビエンナーレにそれぞれ日本代表として参加するなど、その活躍の場は国内を問わず海外まで広がり、土の造形のパイオニアとして高い評価を得てきました。
豊かな生命力を喚起してやまない伊藤公象の作品は、自然と人間との関係性が問い直される21世紀にあって多くの示唆をわたしたちに与えてくれるでしょう。待望の東京での大規模回顧展です。

会場
東京都現代美術館 企画展示室B2階
会期
2009年8月1日(土)~10月4日(日)
入場料
一般:1000円 学生:800円 中高生・65歳以上:500円
休館日
月曜日(ただし8月10日、17日、9月21日、28日は開館)
開館時間
10:00~18:00(入場は閉館の30分前まで)
問い合わせ先
TEL:03-5777-8600
主催
(財)東京都歴史文化財団 東京都現代美術館/読売新聞東京本社/美術館連絡協議会
詳細URL
http://www.mot-art-museum.jp/exhibition/100/1


アートフラッシュニュース

文字の大きさ