2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

東京の微地形模型/TOPOGRAPHY MODEL TOKYO

最終更新日:2011年07月21日

大都市・東京の表層を剥ぎ取ってみよう。
現れたのは、自然が膨大な時間をかけてつくり上げたダイナミックな地形だ。
古くから人は、この大地の起伏を巧みに活かし、都市を発展・繁栄させてきた。
「微地形模型」は、そのプロセスをいかようにも思い描くことができる装置である。
過去を知り、未来を構想することで、新たな「東京」を発見する事ができるだろう。
「建築」という衣装を脱ぎすてた「裸の東京」から何が見えるのか。
[展覧会ウェブサイトより]

会場
南洋堂書店4階 N+(東京都千代田区神田神保町1-21)
会期
2011年7月23日(土)〜8月27日(土)
入場料
無料
休館日
日曜
開館時間
14:00〜19:00
*8月12日〜16日は「12:00〜17:00」
問い合わせ先
03-3291-1338(南洋堂書店)
企画制作
荒田哲史(南洋堂店主)、菊地宏(建築家)
詳細
http://www.nanyodo.co.jp/nplus2/tm_tokyo1.html


アートフラッシュニュース

文字の大きさ