2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

MMF講座「BD(フランスのマンガ)で楽しむルーヴル美術館」

最終更新日:2011年08月24日

フランスには、「BD(バンド・デシネ)」というフランス独自の漫画があります。ヨーロッパ初のBD博物館やアングレーム国際漫画フェスティバルなど、フランスではBDを一つの独立した芸術活動と捉えています。今回はBDを通じて作品の魅力を伝えようという、ルーヴル美術館による「ルーヴルBDプロジェクト」をご紹介します。BDの研究者・原正人氏と西洋美術史家の小池寿子氏をお招きし、BDに描かれたルーヴル美術館の魅力、フランスのBDの歴史と現在、日本のマンガとの違いなど、「BD」と「ルーヴル美術館」という二つの側面から楽しんでいただける講座を開催します。

ニコラ・ド・クレシー『氷河期(Periode glaciaire)』
会場
DNP銀座ビル
東京都 中央区 銀座7-7-2
日時
2011年9月16日(金)18:00-19:30(開場は17:30より)
定員
50名(先着順)
参加費
1,000円 当日受付にて現金で承ります。
お申込み方法
お電話(03-3574-2380)またはMMFにご来館にてお申込み
詳細
MMF講座「BDで楽しむルーヴル美術館」
http://www.museesdefrance.org/event/now_program/now_program.html


アートフラッシュニュース

文字の大きさ