2020年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

日比谷図書文化館開館記念特別展「日比谷が熱く燃えた日 団塊の青春グラフィティ」

最終更新日:2011年11月04日

旧・都立図書館が、ミュージアムやホールを備えた総合文化施設、千代田区立日比谷図書文化館となってオープンします。
「日比谷」は、官公庁や大企業群に囲まれた東京の中心地であるがゆえに、社会的主張や情報をアピールする場所として、多くの人々の想いや活動を刻みこんできました。当館のオープンにともない日比谷の足跡にあらためて注目し、1965年〜1974年の10年間、いわゆる「団塊の世代」にクローズアップした特別展を開催します。
「団塊の世代」が青春を謳歌した時代は、急速な社会状況の変化にともなう様々な問題が噴出し、大学生を中心とした反体制運動の全国的な展開、戦後次々と流入した欧米文化の影響と消費文化の発達が混在一体となり、わが国特有のサブカルチャーが流行するなどまさに昭和史の中でも激動な一時代を画すものでした。
時代背景にまつわる資料とともに、流行した映画や漫画、当時の広告やヒット商品など、世相を示す幅広い展示を行います。

会場
千代田区立日比谷図書文化館 1階 特別展示室
〒100-0012 千代田区日比谷公園1番4号(旧・都立日比谷図書館)
会期
11月4日(金)~12月28日(水)
入場料
一般 300円(区民150円)
高校・大学生200円(区民100円)
※中学生以下、障がい者手帳をお持ちの方および付添の方は1名無料
開館時間
10:00~ 22:00(土曜 19:00、日・祝 17:00まで)※入室は閉館30分前まで
日比谷図書文化館HP
http://hibiyal.jp/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ