2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

緊急討議開催「東日本大震災 被災支援とMLAK―いまわたしたちにできることは」

最終更新日:2011年04月11日

3.11 東日本大震災から一ヶ月が経とうとしているいま、この未曾有の災害に直面し、救命とライフラインの復旧が何よりの課題でありますが、同時に失われた多くの文化財のあることも、博物館・美術館、図書館、文書館、公民館(MLAK)に関与する者は深い衝撃を持って受け止めざるをえません。
震災の当日より現在まで、被災・救援情報サイトを構築し、「saveMLAK」にいたっている者たちの有志により、震災後、直近の関連学協会である日本アーカイブズ学会の年次大会に先立ち、標記の会合を持つことにいたしました。
MLAKに関わる多くの方々のご参集と今後の取り組みの展望へ向けて、討議が広く展開されることを期待いたしております。

会場
学習院大学(目白) 南3号館203教室
会期
2011年4月23日(土)
開館時間
13:00~14:30
問い合わせ先
saveMLAK
主催
saveMLAK有志


アートフラッシュニュース

文字の大きさ