2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

Pam 東京企画展 「初版本と装丁 近代の文学、夏目漱石を中心に」

最終更新日:2012年04月05日

特種東海製紙Pam 東京で、夏目漱石の作品を中心に、明治から昭和初期にかけて活躍した作家の初版作品を展示しています。

書籍の形態は、明治になると製紙・印刷などの近代技術の導入に伴い洋本形式となりました。特に美術に関心を持ち、装丁や挿絵の重要性を感じていた漱石の作品は、造本にもこだわり、文学と美術が融合したとも言える美しい書籍に仕上がっています。文豪と評され今尚読み続けられる内容もさることながら、漱石の作品に対する美意識が込められた完成度の高い外観を、同時代、そして漱石に影響を受けた後の作家たちの作品と比較しご覧下さい。

会場
特種東海製紙Pam 東京
〒104-0028 東京都中央区八重洲2-4-1
常和八重洲ビル6 階
会期
2012 年 4 月2 日(月) - 6 月29 日(金)
入場料
無料
休館日
土日祝日休
開館時間
10:00-18:00
問い合わせ先
tel.03-3273-8510 (営業開発本部ファンシー営業開発部)
http://portal.tt-paper.co.jp/fancy/
主催
特殊東海製紙株式会社
特種東海製紙Pam 東京
http://portal.tt-paper.co.jp/fancy/showroom/index.html


アートフラッシュニュース

文字の大きさ