2021年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

横浜・サンディエゴ姉妹都市提携55周年記念「PORT JOURNEY YOKOHAMA―SAN DIEGO キックオフディスカション」

最終更新日:2012年04月06日

2011年9月より始まったメルボルンとのプロジェクトに続き、横浜市の姉妹都市、米国サンディエゴ市との文化交流プログラムのキックオフディスカッションを行ないます。サンディエゴと横浜は、今年が姉妹都市提携55周年にあたり、本事業をその記念として開催します。記念すべきスタディ・セッション第1弾は、2部構成にて行います。

第1部は、協働プロジェクトを手がけるサンディエゴという都市の文化特性に関するスタディで、現在先方都市にて行なわれている特徴的なプロジェクトについて、本ディスカッションの総合ナビゲーターを務める中西氏からの発表をもとにすすめていきます。その事例紹介を通じ、今後進めるべき協働プロジェクトの方向性を探りながらサンディエゴへの理解を深めていきます。

また、続く第2部は、特別ゲストを招いてのフリーディスカッションです。ここでは、特定の創造都市に特化したミクロな視点を超え、都市戦略における文化の重要性、諸外国に対する国や企業としての文化戦略を踏まえたマクロ的観点からお話いただき、新しいクリエイティブ・パラダイムをオーディエンスと供に浮き彫りにする試みを展開します。

[第一部:レクチャー(14:15〜15:10)]
「アメリカ文化政策史概論、サンディエゴにおける特徴的な文化政策」
ナビゲーター:中西玲人(アメリカ合衆国大使館 文化担当官補佐)

[第二部:フリーディスカッション(15:15〜17:00)]
「創造都市から世界へ──Creative Journeyを起点に」
登壇者:南條史生(森美術館 館長)、古賀義章(『COURRiERJapon』創刊編集長)、中西玲人(アメリカ合衆国大使館 文化担当官補佐)

会場
象の鼻テラス(横浜市中区海岸通1丁目)
会期
2012年4月7日(土)
入場料
無料、先着60名(要事前申込)
開館時間
14:15〜17:00
*14:00開場
詳細

http://www.zounohana.com/event/port_journey_yokohamasan_diego.html



アートフラッシュニュース

文字の大きさ