2020年01月15日号
次回2月3日更新予定

アートフラッシュニュース

公共建築から考えるソーシャルデザイン・鶴ヶ島プロジェクト2012

最終更新日:2012年11月28日

高度成長期に人口が大量流入した郊外都市では、公共施設群の老朽化と住民の高齢化が同時進行し、将来財政難に陥ることが予想されています。東洋大学建築学科の学生55名は、そのような状況に応えようと埼玉県鶴ヶ島市の全面的な協力を得て、2012年4月から7月にかけて地元住民とワークショップを繰り返し、郊外都市の現状をつかみ、将来像を示す「鶴ヶ島プロジェクト」に取り組みました。ここではその成果物としてパネルと模型群を展示します。

[主催者ウェブサイトより]

会場
渋谷ヒカリエ8階 クリエイティブスペース「8/」COURT(渋谷区渋谷2-21-1)
会期
2012年12月3日(月)〜2012年12月8日(土)
入場料
入場無料
休館日
会期中無休
開館時間
11:00〜21:00
詳細
http://www.hikarie8.com/court/2012/11/2012.shtml


アートフラッシュニュース

文字の大きさ