2020年06月01日号
次回6月15日更新予定

アートフラッシュニュース

下道基行「torii」/SHITAMICHI Motoyuki – torii

最終更新日:2013年11月15日

下道基行の代表作、「torii(2006〜2012年)」の関西初公開。

かつて日本であったアジア・太平洋各地に遺る鳥居。それらは、本来の宗教的、社会的シンボルとしての機能はもとより、歴史遺産としても忘却され、その地の日常に埋没しています。下道はそれらを発掘し記録するのではなく、同時代のありふれた一風景として静かに見つめなおしています。

--

ステートメント

「東京郊外で見つけた建造物」「実家の壁に飾られていた絵画」「用水路に作られた橋のようなもの」など。
散歩の途中や旅の中で、つまずくように何かと出会う。
それをその風景の中の主人公にしてみると、
時間や空間を越える新しい旅がはじまることがある。
少しずつ断片を集めて繋いでいく行為は、
既にある地図に新しいルートを書き加えているというか、
自分だけの地図を描いている感覚かもしれない。

シリーズ「torii」は、「日本の国境の外側に残された鳥居」を探して撮影したもの。自分の知らない時代のこと、いつの間にか引かれながら揺れている国境のこと、外から自分の住む所を眺めること。人々や風景と出会い考えながら、2006年から続けてきた旅のひとつです。

下道基行

--

[公式ウェブサイトより転載]

会場
梅香堂 BAIKADO(大阪市此花区梅香1-15-18)
会期
2013年11月16日(土)〜2014年1月19日(日)
入場料
入堂無料
休館日
火・水曜日・年末年始(12月24日[火]〜1月8日[水])
開館時間
13:00〜19:00
詳細
http://www.baikado.org/next/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ