2020年06月01日号
次回6月15日更新予定

アートフラッシュニュース

DENZENフォーラム

最終更新日:2013年12月04日

福島県須賀川市出身の亜欧堂田善(あおうどうでんぜん)は、江戸幕府の御用絵師を務めた江戸時代を代表する洋風画家です。遠近法、陰影法などの西洋画法を巧みに駆使し、江戸の風俗を捉えた田善独自の風景銅版画を完成させました。日本初の銅版画による解剖図や世界地図など数多くの作品を残し、昨年には国重要文化財に追加指定されました。「DENZENフォーラム」では、講演、パネルディスカッションを通し田善作品を再考することにより、現代における新しい評価を考えます。また、かねてより田善関連事業を推進してきた福島県須賀川市から発信する「銅版画の町すかがわ」にむけた、復興のための地域創造を図ります。
講師(敬称略)=村田哲朗(町田市立国際版画美術館館長)、樋口一貴(三井記念美術館学芸員)、金子信久(府中市美術館学芸員)、中林忠良(東京藝術大学名誉教授)、進行=三井田盛一郎(東京藝術大学准教授)
会場
東京藝術大学美術学部 中央棟1F第1講義室
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
JR上野駅公園口、東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分
京成上野駅、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅より徒歩15分
駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。
会期
2013年12月14日(土)13:00~16:30(12:30開場)
入場料
聴講無料(事前予約不要)
問い合わせ先
東京藝術大学美術学部版画研究室
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
Tel: 050-5525-2158
主催
須賀川商工会議所青年部、東京藝術大学美術学部版画研究室


アートフラッシュニュース

文字の大きさ