2022年08月01日号
次回9月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

1月17日ギャラリートーク:dddギャラリー「熱情と冷静のアヴァンギャルド」

最終更新日:2014年01月15日

大阪のdddギャラリーで、第196回企画展「熱情と冷静のアヴァンギャルド」が1月17日(金)〜3月5日(水)の期間で開催され、1月17日にギャラリートークが行なわれます。入場料無料となります。ふるってご参加ください。

展覧会概要

「大阪からの視点が切り拓く新たなアートシーンの発信拠点」として、近現代美術・デザインに特化した新しい美術館の整備を目指す大阪新美術館建設準備室のデザインコレクションは、2012年にサントリーポスターコレクションの寄託を受けてグラフィック部門がさらに充実し、質量とともに日本トップクラスの評価を受けています。

今年のGRAPHIC WESTは、この日本屈指のデザインコレクションから、1920年代から30年代のモダンデザイン発展期と、戦後1950年代から60年代のモダンデザイン成熟期の作品群、およそ50点を展示します。デザイナーが挑んだ「世界を<変える>」と「世界を<生成する>」グラフィックデザイン。革命と戦争に挟まれたロシアアヴァンギャルドからバウハウス、戦前の成果を引き継ぎ、戦後、国際的に展開したスイスやオランダの多彩なグラフィックなど、社会の動乱や改革の波のなか、夢や理想を追い、デザインを介して新しい社会を構築すること、時代にふさわしい合理性を追求することを目指した、ときに熱く、ときに冷たい20世紀デザインのアヴァンギャルドを体験してください。

画像:アレクサンドル・ロトチェンコ『ソヴィエトの装飾産業芸術』(1925年)大阪新美術館建設準備室蔵

ギャラリートーク開催日時
2014年1月17日(金)16:00-17:30
出演
菅谷富夫・植木啓子(大阪新美術館建設準備室)
近藤聡(明後日デザイン制作所)
久慈達也(DESIGN MUSEUM LAB) 
会場
dddギャラリー
大阪市西区南堀江1-17-28 なんばSSビル
入場無料 (要予約) 定員70名
参加ご希望の方はギャラリーホームページにてお申込み下さい。
お問い合わせ
dddギャラリー 06-6110-4635
特別協力:大阪新美術館建設準備室
dddギャラリーHP
http://www.dnp.co.jp/gallery/ddd/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ