2020年06月01日号
次回6月15日更新予定

アートフラッシュニュース

『みんなのアムステルダム国立美術館へ』

最終更新日:2014年12月01日

オランダのアムステルダム国立美術館の10年に及ぶ改修工事を追ったドキュメンタリー映画が、12月20日より公開されます。

【作品概要】

2004年、アムステルダム美術館の創立以来の大規模改修が始まった。当初の再オープン予定は2008年であったが、美術館を貫く公道の設計に「自転車が通りにくい」と市民からの猛反発があり、工事が中断を重ね、工期が果てしなく遅れていく。それでも館長やキュレーター、建築家や、このプロジェクトにかかわる全ての人々は、時にくい違う本音をぶつけながら、完成を目指し努力を続け、美術館の輝かしいグランドオープンへと実を結んでいく。

本作は、美術館にたずさわる個性あふれる人々によって、新しい美術館が息づいていく様子を鮮やかに切り取った、美術館ドキュメンタリーの決定版です。

 

監督:ウケ・ホーヘンダイク 出演:アムステルダム国立美術館の館長、学芸員、建築家、アムステルダム市民ほか

オランダ/2014年/オランダ語・英語/カラー/デジタル/94分/日本語字幕:松岡葉子/オランダ語監修:バス・ヴァルクス、高岸音音

12月20日(土)より、渋谷ユーロスペースほか全国順次公開。

配給:ユーロスペース/公式HP
http://amsmuseum.jp/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ