2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

Tokyo Arts and Space 2020年度レジデンス・プログラム 応募受付開始

最終更新日:2019年05月23日

◎応募書類メール提出期限:6/28(金) 日本時間18:00


トーキョーアーツアンドスペース(TOKAS)では「海外クリエーター招聘プログラム」、「リサーチ・レジデンス・プログラム」への参加クリエーターの募集を開始しました!
本プログラムはさまざまなジャンルで活躍するクリエーターを対象に、文化芸術に関するリサーチや新たな創作活動を東京で行う機会を提供しています。

「海外クリエーター招聘プログラム」の枠組みで2020年5月~7月に実施する「テーマ・プロジェクト」では、オリンピック・パラリンピック競技大会が開催される2020年の夏に、「都市の祝祭性」をテーマに滞在制作を行う海外クリエーター2名を募集します。

同時期に同じテーマで滞在制作を行う日本在住クリエーターを対象とした「国内クリエーター制作交流プログラム」は2019年9月下旬に公募予定。
同テーマで滞在する4名のクリエーターは思考や認識、行為や言語など文化間の差異について活発に意見を交換しながら、個別に制作活動を行い、その成果をオープン・スタジオや成果発表展などで発表します。

応募条件や滞在期間はプログラムによって異なります。詳細は応募要項をご確認ください。
皆様のご応募をお待ちしております!

(メールニュースより)

1)海外クリエーター招聘プログラム

詳細:https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/application/2019/20190517-206.html

A)個別プロジェクト

滞在期間:2020年9月~11月、または2021年1月~3月(3ヶ月間)
募集人数:4名(各期間に2名ずつ)
募集分野:ヴィジュアル・アート、デザイン、建築、キュレーション等
サポート内容:居室(シングルルーム)、渡航費、滞在費、制作費
スタジオ:シェアスタジオを提供

B)テーマ・プロジェクト

募集テーマ:「都市の祝祭性」
滞在期間:2020年5月~7月(3ヶ月間)
募集人数:2名
募集分野:ヴィジュアル・アート、デザイン、建築
サポート内容:居室(シングルルーム)、渡航費、滞在費、制作費
スタジオ:シェアスタジオを提供

2)リサーチ・レジデンス・プログラム

詳細:https://www.tokyoartsandspace.jp/archive/application/2019/20190517-206.html

滞在期間:2020年9月~11月、または2021年1月~3月の6週間~12週間
募集人数:10名(予定)
募集分野:ヴィジュアル・アート、デザイン、建築、音楽、サウンド・アート、パフォーミング・アート、キュレーション等の文化芸術に関する分野
サポート内容:居室(シングルルーム)
スタジオ:なし

応募方法
TOKASウェブサイトより、「応募要項」「アプリケションパッケージ」をダウンロードし、応募書類をメールにて送付ください。
応募方法の詳細については、「応募要項」をご覧ください。
問い合わせ先
本プログラムに関するFAQ(よくある質問)はウェブサイトに掲載されています。
掲載されているFAQ以外のお問い合せについては、6/6(木)までに下記Emailまでお送りください。
質問への回答は、6/13(木)以降にFAQに追加し公開します。
Mail:contact_residency2019[at]tokyoartsandspace.jp ([at]を@に代えてください)
ウェブサイト
https://www.tokyoartsandspace.jp/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ