2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

アートフラッシュニュース

パノラマとしての百貨店

最終更新日:2019年06月05日

19世紀末から20世紀のはじめにかけて登場してきた「百貨店」は、「商品」への新しい視点をつくり出しました。たくさんの商品をながめ渡すことができる、それまでにはないパノラマ的な視点です。建築も中央に大きな吹き抜けをつくり見渡しの良い空間にデザインされました。また、店内に入ることは、買うことを義務づけないことでウィンドーショッピングの楽しみを生み出しました。商品は単に販売されるものというだけではなく、各国・各地から集められた情報でもあり、それらは時代を映し出す鏡でもありました。百貨店に置かれた品物は、どのような生活スタイルがあるのかを示し、さまざまな生活スタイルの提案となりました。日本では、明治以来、百貨店は美術や工芸品、そしてグラフィックデザインやインテリアデザインを紹介するミュージアムとしても機能してきました。こうしたさまざまな文化的な情報をモノ(商品)によって見せてきた百貨店は、文化のパノラマ装置でありつづけてきたといえます。本展では、文化のパノラマ装置としての百貨店をご紹介します。

(プレスリリースより)

関連セミナー

詳細・参加お申込みはこちら

パノラマとしての百貨店

登壇者:柏木 博(デザイン評論家/武蔵野美術大学名誉教授/本展ディレクター)
日時:2019年6月15日(土) 14:00~15:30(開場13:30)
場所:高島屋史料館TOKYO 5階旧貴賓室

ファッションと百貨店

登壇者:井上 雅人(武庫川女子大学准教授)
日時:2019年7月6日(土) 14:00~15:30(開場13:30)
場所:高島屋史料館TOKYO 5階旧貴賓室

こどもと百貨店

登壇者:神野 由紀(関東学院大学教授)
日時:2019年7月13日(土) 14:00~15:30(開場13:30)
場所:高島屋史料館TOKYO 5階旧貴賓室

住まいとデザイン

登壇者:中村 好文(建築家/多摩美術大学客員教授)
日時:2019年7月28日(日) 14:00~15:30(開場13:30)
場所:高島屋史料館TOKYO 5階旧貴賓室

インテリアデザインの普及と近代の生活文化

登壇者:橋本 優子(宇都宮美術館専門学芸員)
日時:2019年8月3日(土) 14:00~15:30(開場13:30)
場所:高島屋史料館TOKYO 5階旧貴賓室

展覧会概要

会場
高島屋史料館TOKYO 4階展示室
(東京都中央区日本橋2-4-1)
会期
2019年6月5日(水)〜8月4日(日)
入場料
無料
休館日
月・火曜日
開館時間
11:00〜19:00
主催
高島屋史料館TOKYO
監修
柏木博(デザイン評論家/武蔵野美術大学名誉教授)
ウェブサイト
https://www.takashimaya.co.jp/shiryokan/tokyo/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ