2019年07月01日号
次回7月16日更新予定

アートフラッシュニュース

呼吸する地図たち/響きあうアジア2019

最終更新日:2019年07月09日

「響きあうアジア2019」の一環として、2018年12月から2019年3月にかけて山口情報芸術センター[YCAM]で開催した「呼吸する地図たち」を再構成し、映像アーカイヴ展示と選りすぐりのレクチャー・パフォーマンスをご紹介します。
国際交流基金アジアセンターでは、東南アジアと日本の若手キュレーターの相互理解をもとに新しいネットワーク構築を目的とした協働美術事業「Condition Report」を2015年から開始し、2017年度には東南アジアの各都市で多彩なイベントを実施しました。そのテーマは「東南アジアとは何か」です。YCAMにおける「呼吸する地図たち」は、この「Condition Report」の日本における成果展として開催したものです。
今回、あわせて実施する「国際シンポジウム2019 エキシビション・メイキング:文脈を繋ぐ、作る、届ける現代美術」は、世界的に国際展が増え、アジア域内外でアジア太平洋地域のキュレーターやアーティストがこれまで以上に異なる文化を横断して活動する機会が増えている現状を背景に、そこで立ち上がってきた諸々の課題を明らかにし、よりよい方向性を探っていこうとするものです。
本事業は、展示、レクチャー・パフォーマンス、トーク、シンポジウムを通じて、東南アジアの芸術・文化とアジア太平洋地域の現代美術の「今」と「未来」を考える6日間です。
皆さまのご来場をお待ちしています。

ウェブサイトより)

インスタレーション&映像アーカイヴ展示

入場無料(どなたでも自由にご覧いただけます)
7月10日(水)〜15日(月・祝)
開館時間:13:00~18:00(最終日15日は17時まで)
出品作家/研究者:ホー・ツーニェン、ファリッシュ・ヌール、ジャネット・ピレイ オクイ・ララ、チ・トゥー、カルロス・セルドラン、小原真史、西尾佳織

レクチャー&レクチャー・パフォーマンス&シンポジウム

入場無料(事前申込制)
*終了時間は予定です
詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://jfac.jp/culture/events/e-asia2019-the-breathing-of-maps/

会場
東京芸術劇場 ギャラリー1
(東京都豊島区西池袋1-8-1)
会期
2019年7月10日(水)〜7月15日(月・祝)
入場料
無料(但し、レクチャーやパフォーマンスは事前申込制。
休館日
会期中無休
問い合わせ先
国際交流基金アジアセンター 文化事業第1チーム(担当:古市
Tel:03-5369-6140
Mail:jfac_visual_arts@jpf.go.jp
主催
国際交流基金アジアセンター
ウェブサイト
https://jfac.jp/culture/events/e-asia2019-the-breathing-of-maps/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ