2019年07月01日号
次回7月16日更新予定

アートフラッシュニュース

ロームシアター京都×京都芸術センター U35創造支援プログラム「KIPPU」参加アーティスト募集

最終更新日:2019年07月09日

若手アーティストの発掘と育成を目的に、ロームシアター京都と京都芸術センターが協働して行う創造支援プログラム「KIPPU」、2020年度の募集を開始いたします。京都芸術センターは2000年の開設以来、「制作支援事業」を通して、多くのアーティストの制作活動を支えてきました。また、ロームシアター京都は、2016年にリニューアルオープンし、文化芸術の創造・発信拠点として京都に新たな「劇場文化」を形づくることを目指しています。
本プログラムでは、創作に専念できるスタジオ(制作室)と、舞台設備・技術の備わった劇場の提供を通じて、舞台機構の活用や、客席数や作品サイズの拡大等に挑戦する若手アーティストを募集し、新たな才能が京都から国内外へ羽ばたくことを期待しています。

ウェブサイトより)

募集要項

応募締め切り

2019年8月10日(土)23時59分

応募資格

・京都で1ヶ月以上創作し、舞台芸術作品を上演することに意欲があること。
・代表者あるいは主たるアーティストが概ね35歳以下の個人及び団体。
・過去に2作品以上、上演経験があること。
・舞台芸術のジャンルは問いません。
・新作、再演など形態は問いません。
・居住地、活動拠点は問いません。

条件

【制作】京都芸術センター・制作室
・使用料はかかりません。
・公演日の最長3ヶ月前から使用可。最短でも1ヶ月は使用すること。
*選考後、下記日程①については2019年12月末までに、日程②については2020年6月末までに使用期間・日時を調整のうえ決定します。
【上演】ロームシアター京都・ノースホール
・以下のいずれかの日程で、ロームシアター京都ノースホールで上演できること。
(日程には、仕込、リハーサル、本番、撤去すべて含みます)
日程① 2020年7月6日(月)~12日(日)
日程② 2020年11月30日(月)~12月6日(日)

詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://rohmtheatrekyoto.jp/join/55695/

その他のサポート

・制作協力(応募者の制作体制や課題に応じて、アドバイス、コーディネートします)
・上演作品に対する批評家による批評文
・広報(広報計画、プレスリリース、広報媒体への掲載等)

採択数

2件(予定)

応募方法

詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://rohmtheatrekyoto.jp/join/55695/

募集期間

2019年6月20日(木)~2019年8月10日(土)

選考手順

応募→書類審査→通知:8月下旬→面談(書類審査通過者のみ):9月9日(月)夜間または9月10日(火)午後(予定)→最終決定

決定時期

2019年9月中旬を予定

応募先

京都芸術センター KIPPU係
Mail:studio@kac.or.jp
〒604-8156 京都市中京区室町通蛸薬師下る山伏山町546-2
TEL:075-213-1000/FAX:075-213-1004

問い合わせ先
京都芸術センター(担当:遠山、加藤(雅))
Tel:075-213-1000
ロームシアター京都(担当:宮崎(麻)、寺田)
Tel:075-771-6051
主催
京都芸術センター(公益財団法人京都市芸術文化協会)、ロームシアター京都(公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団)、京都市
ウェブサイト
https://rohmtheatrekyoto.jp/join/55695/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ