2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

アートフラッシュニュース

「東京プロジェクトスタディ2019」【申込〆切 7/21】

最終更新日:2019年07月18日

“東京で何かを「つくる」としたら”という投げかけのもと、3組のナビゲーターそれぞれが、チームをつくり、リサーチや実験を繰り返しながらそのプロジェクトの核をつくる試みです。8月~2月にかけて、複数のプロジェクト“スタディ”(勉強、調査、研究、試作)を展開します。
ナビゲーターは、アーティスト、ディレクターなど、関心や属性の異なる「つくり手」が担当。東京という土地との関わりのなかでテーマを設定します。また、スタディを実行するうえで必要な人材について適宜提示し、チームをつくりながら展開します。

スタディ1 続・東京でつくるということ ──「わたしとアートプロジェクトとの距離を記述する」
スタディ2 東京彫刻計画 ──2027年ミュンスターへの旅
スタディ3 ’Home’ in Tokyo ──確かさと不確かさの間で生き抜く

ウェブサイトより)

募集概要

募集人数:各スタディ10名程度

対象:
-アートプロジェクトを「つくる」ことと向き合いたいひと
-アートプロジェクトの新たなアプローチを模索しているひと
-各スタディのテーマにチームで取り組むことに関心があるひと
-ご自身の活動と向き合ったり、今後の活動のヒントを探ったりしたいひと
*アートプロジェクトの現場経験は問いません

参加費: 一般30,000円 学生20,000円/約6ヶ月
*フィールドワーク等の交通費は別途実費となります。

申込方法

公式ウェブサイトより申込(7/21〆切)
https://tarl.jp/school/2019/tps/

ナビゲーター

石神夏希(劇作家/ペピン結構設計/NPO法人場所と物語 理事長/The CAVE 取締役)
居間 theater[東彩織、稲継美保、宮武亜季、山崎朋](パフォーマンスプロジェクト)
佐藤慎也(建築家、日本大学理工学部建築学科教授)
大橋香奈(映像エスノグラファー)

スタディマネージャー

坂本有理(アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー)
嘉原妙(アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー)
上地里佳(アーツカウンシル東京 プログラムオフィサー)

申込〆切・選考スケジュール

説明会:7月6日(土)13:00~15:00
申込〆切:7月21日(日)
選考期間:7月22日(月)~7月28日(日)
*書類選考後にスカイプ・お電話にてご連絡させていただく場合があります。
結果通知:7月29日(月)~31日(水)

基本情報

会場
ROOM302
(東京都千代田区外神田6-11-14-302 [3331 Arts Chiyoda 3F])ほか
*スタディにより異なります。
会期
2019年8月〜2020年2月
*スタディごとに、活動頻度、期間は異なります。詳細は各スタディのページをご覧ください。

【共有会】
共有会1:11月10日(日)
共有会2:1月19日(日)
*共有会は3つのスタディ合同で開催
問い合わせ先
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
事業推進室事業調整課事業調整係 TARL事務局
Tel:03-6256-8435(平日10:00〜18:00)
Mail:tarl@artscouncil-tokyo.jp
主催
アーツカウンシル東京(公益財団法人東京都歴史文化財団)
ウェブサイト
https://tarl.jp/school/2019/tps/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ