2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

アートフラッシュニュース

さいたま国際芸術祭2020|さいたまスタディーズⅡ「CIRCULATION SAITAMA」キックオフトークイベント

最終更新日:2019年07月30日

さいたま国際芸術祭2020「Art Sightama」の開幕に先駆け 土地の理解を深めるアートプロジェクト『さいたまスタディーズII』が始動します!

『さいたまスタディーズ』は、地形、地質、植生、気象、歴史、文化など多方面から、さいたま市を横断的、即地的に見渡すプログラムを芸術祭の開催に先行させて実施し、芸術祭を実行していく上で重要な出発点となる「土地の理解」を深め、その成果を市民活動へも展開していく取り組みです。
さいたまトリエンナーレ2016で実施した『さいたまスタディーズ』では先史時代から現在まで、さいたまの成り立ちからさいたまの姿を探求し、その成果を連続セミナーや展示によって公開しました。
芸術祭の開催に先行し「土地の理解」を深めることを目的とする今回の『さいたまスタディーズII』では、多様な魅力が内在するさいたまの価値を生活者の視点で掘り起こし、日々の暮らしの中で活かすプロジェクトを提案し市民活動への展開を目指すワークショップ「CIRCULATION SAITAMA(サーキュレーションさいたま)」を実施していきます。以下のとおり、キックオフトークイベントを実施いたしますので、是非、御参加ください。

ウェブサイトより)

ワークショップ「CIRCULATION SAITAMA」キックオフトークイベント

日時:2019年8月3日(土)14:00-16:00 (開場:13:30)
会場:大宮区役所401・402会議室
(大宮区吉敷町1丁目124番地1)
定員60名・参加無料・予約不要先着順
登壇者:影山裕樹(プロジェクトディレクター/編集者/千十一編集室)
    新津瞬(アーバンデザインセンター大宮 デザインリサーチャー)
    大高健志(さいたま国際芸術祭キュレーター/MOTION GALLERY 代表)
    遠山昇司(さいたま国際芸術祭ディレクター/映画監督)
詳細:https://art-sightama.jp/news/saitama-studies2-start/

ワークショップ「CIRCULATION SAITAMA

詳細(チラシ):http://art-sightama.jp/wp-content/uploads/2019/07/参考:チラシ.pdf
応募フォーム(締切 8/23):https://www.city.saitama.jp/enquete/e000583.html
関連ウェブサイト:https://circulation-saitama.com/

さいたま国際芸術祭2020概要

会場
メインエリア (大宮エリア)旧大宮区役所、旧大宮図書館、大宮盆栽美術館、鉄道博物館
(その他)彩の国さいたま芸術劇場、埼玉県立近代美術館、うらわ美術館、さいたま市文化センター、岩槻人形博物館(開館予定)、その他市内各所
会期
2020年3月14(土)〜5月17日(日)[65 日間]
問い合わせ先
さいたま国際芸術祭実行委員会事務局
Tel:048-829-1225/Fax:048-829-1996
Mail:arts-festival@city.saitama.lg.jp
主催
さいたま国際芸術祭実行委員会
ウェブサイト
https://art-sightama.jp/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ