2019年12月01日号
次回12月16日更新予定

アートフラッシュニュース

高島屋史料館TOKYO「デパート卓球」

最終更新日:2019年07月31日

「瀬戸内国際芸術祭2019」のアートディレクターである北川フラム氏を監修者に招き、「デパート卓球」展を開催します。「瀬戸内国際芸術祭2019」開催会場の一つである女木島で、このたび新しく展開されている「島の中の小さなお店」プロジェクト。この女木島に出展されている「ピンポン・シー」(原倫太郎+原游)作品が、日本橋にも出店します。百貨店×卓球という、ちょっと不思議な組み合わせ。ご来館者はどなたでも、少し変わったチャーミングな卓球台でプレイを楽しんでいただくことができます。この夏は、卓球をしにデパートへ!

ウェブサイトより)

関連イベント

①北川フラム(アートティレクター)

タイトル:「地域と都市におけるアートの可能性について(仮称)」
日時:2019年8月18日(日)13:00-14:30
場所:髙島屋本社グループビル8階ホール
定員:100名/先着順(事前予約/HPにて予約受付)
参加費:1,000円(税込)

②アーティスト・トーク 原倫太郎+原游

タイトル:「相互扶助システムとして(仮称)」
日時:2019年8月31日(土)14:00-15:00
場所:髙島屋史料館TOKYO 5階旧貴賓室
定員:40名/先着順(事前予約/HPにて予約受付)
参加費:1,000円(税込)

③浅葉克己(アートディレクター)×北川フラム(アートディレクター)

タイトル:「トーク&卓球対決(仮称)」
日時:2019年9月8日(日)
場所:髙島屋史料館TOKYO
参加費:1,000円(税込)*詳細はHPをご覧ください。

④原倫太郎+原游、中里繪魯洲、宮永愛子、長谷川仁、山下麻衣+小林直人

タイトル:「女木島トークセッション(仮称)」
日時:2019年9月14日(土)14:00-15:00
場所:高島屋史料館TOKYO 5階旧貴賓室
定員:40名/先着順(事前予約/HPにて予約受付)
参加費:1,000円(税込)

展覧会概要

会場
高島屋史料館TOKYO 4階展示室
(東京都中央区日本橋2-4-1)
会期
2019年8月14日(水)〜10月13日(日)
入場料
無料
休館日
月・火曜日
開館時間
11:00-19:00
主催
高島屋史料館TOKYO
監修
北川 フラム(アートディレクター)
ウェブサイト
https://www.takashimaya.co.jp/shiryokan/tokyo/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ