2019年08月01日号
次回9月2日更新予定

アートフラッシュニュース

榎本了壱「線セーション」展──私が出会った表現者たちII

最終更新日:2019年08月06日

萩原朔美館長が出会った表現者たちを取り上げるシリーズの第二弾として、クリエイティブ・ディレクター、プロデューサーである榎本了壱氏を紹介します。榎本氏は寺山修司を通して萩原館長と出会い、ともに雑誌『ビックリハウス』を創り上げてきました。今回は近年の大作である、澁澤龍彦の著作『高丘親王航海記』をもとに製作された《高丘親王航海記》シリーズから最新作までを展示紹介いたします。

ウェブサイトより)

関連イベント

トークショウ「何が?「線セーション」だ!」

期間:2019年08月17日(土)
時間:14:00開演(開場13:30)
会場:3階ホール
参加料:400円(展示観覧券分)
詳細:https://www.maebashibungakukan.jp/moyooshi/3095.html

展覧会概要

会場
前橋文学館 3階オープンギャラリー
(群馬県前橋市千代田町三丁目12-10)
会期
2019年6月29日(土)〜9月29日(日)
入場料
無料
休館日
水曜日
開館時間
9:00-17:00(入館は閉館の30分前まで)
問い合わせ先
萩原朔太郎記念・水と緑と詩のまち 前橋文学館
https://www.maebashibungakukan.jp/form
ウェブサイト
https://www.maebashibungakukan.jp/kikaku/3085.html#
2019年 /relation/e_00049710.json l 10156326


アートフラッシュニュース

文字の大きさ