2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

建築学生ワークショップ出雲2019 公開プレゼンテーション観覧者募集

最終更新日:2019年08月20日

今春に全国から公募にて募りました、建築や芸術、環境デザインを学ぶ国内外の参加学生ら約60名が、合宿(期間:8月27日から9月2日)にて出雲大社周辺に滞在し、古代からの歴史文脈に基づいた小さな建築を8体、9月1日(日)出雲・大社周辺区域に実現します。また11時より、出雲・大社周辺区域にて開催される公開プレゼンテーションでは、参加学生たちの提案意図や制作の創意工夫を発表し、国内外で活躍する建築家をはじめとした全国の大学で教鞭を執られる先生らと技術者による講評会を開催します。
大学や専攻、年齢も異なり次世代を担う参加学生たちが、歴史的に貴重な日本の聖地の環境に触発され、6月より現地のリサーチを重ねた経験に基づき、合宿による地域滞在型での制作ワークショップにより、柔軟な発想により制作した作品と発表、そして厳しくも温かい講評者の貴重なコメントを合わせてお聴きください。古の教えに学びながら提案し、豊かな発想力のもと実現した小さな建築空間に存在する、新たな価値の発見に迫ります。

(プレスリリースより)

予定プログラム

9:15 開場(受付開始)
10:15 開始・開催の挨拶・予定説明
10:30 計画地案内
12:30 第一部 発表・講評(4グループ×20分)
13:50 休憩
14:30 第二部 発表・講評(4グループ×20分)
15:50 公開審査、質疑応答
16:30 結果発表、総評、表彰式
17:30 閉会

参加予定講評者

太田伸之(前クールジャパン機構CEO)
小松浩(毎日新聞社主筆)
建畠晢(美術評論家|多摩美術大学学長)
南條史生(美術評論家|森美術館館長)
山代悟(建築家|芝浦工業大学教授)
五十嵐太郎(建築史家・建築評論家|東北大学教授)

稲山正広(構造家|東京大学教授)
江村哲哉(構造家|アラップ構造エンジニア)
腰原幹雄(構造家|東京大学教授)
櫻井正幸(旭ビルウォール代表取締役社長)
佐藤淳(構造家|東京大学准教授)
陶器浩一(構造家|滋賀県立大学教授)

芦澤竜一(建築家|滋賀県立大学教授)
遠藤秀平(建築家|神戸大学教授)
竹原義二(建築家|摂南大学教授)
長田直之(建築家|奈良女子大学准教授)
平田晃久(建築家|京都大学教授)
平沼孝啓(建築家|平沼孝啓建築研究所主宰)
安井昇(建築家|桜設計集団代表)
横山俊祐(建築家|大阪市立大学教授)
吉村靖孝(建築家|早稲田大学教授)

公開プレゼンテーション聴講 申込方法【要申込み】

ウェブサイトよりお申込みください。
http://ws.aaf.ac

イベント概要

会場
出雲大社社務所 2F
(島根県出雲市大社町杵築東195)
会期
2019年9月1日(日)
入場料
無料
開館時間
10:15-17:30(9:15 開場)
問い合わせ先
特定非営利活動法人アートアンドアーキテクトフェスタ
Mail:info@aaf.ac
主催
特定非営利活動法人アートアンドアーキテクトフェスタ
定員
150名(事前申込制)
ウェブサイト
http://ws.aaf.ac


アートフラッシュニュース

文字の大きさ