2019年11月15日号
次回12月2日更新予定

アートフラッシュニュース

「TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH」第一弾プロジェクト公開

最終更新日:2019年08月20日

TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH によるプロジェクト公開がスタート。
第一弾として、小山泰介、顧剣亨、永田康祐が作品を発表。

写真を切り口に変わりゆく東京を再考するプロジェクト『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH』が本格的に始動します。写真家・小山泰介が2018年に発表した展覧会を契機として、同時代のアーティストやキュレーター、デザイナーなどが集まり、これまで本企画に向けて議論を重ねてきました。
『TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH』では、2020年を前後して大規模な再開発を行う東京、情報社会により変容する都市や人々の姿を、12人のアーティストが独自の視点で表現し、ウェブサイトで発表していきます。そして、それぞれの作品から見えてくるテーマを糸口に、多様なゲストを迎えながら、現代、そして未来について議論し合うプラットホームとして活動していきます。
そのスタートとして、小山泰介、顧剣亨、永田康祐の3名によるプロジェクトを公開しました。各作家がそれぞれの視点で、現在の東京に向き合い制作した作品群を是非ご覧ください。今秋には各作家とゲストによる対話も公開する予定です。また、プロジェクトの更新に合わせてトークイベントも開催します。今後の予定については順次ご案内いたします。

(プレスリリースより)

TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH ウェブサイト ©TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH PROJECT


公開作品

小山泰介『PHASE TRANS』

https://www.tokyophotographicresearch.jp/ja/project/taisuke-koyama/

顧剣亨『Roppongi Hills Mori Tower_1』

https://www.tokyophotographicresearch.jp/ja/project/kenyou-gu/

永田康祐『Function Composition (Park in Shibuya)』

https://www.tokyophotographicresearch.jp/ja/project/kosuke-nagata/

プロジェクト概要

問い合わせ先
TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH PROJECT
Mail:contact@tokyophotographicresearch.jp
主催
TOKYO PHOTOGRAPHIC RESEARCH PROJECT
プロジェクトメンバー
小山泰介(写真家)
山峰潤也(水戸芸術館現代美術ギャラリー 学芸員)
橋詰宗(グラフィックデザイナー)
萩原俊矢(ウェブデザイナー/プログラマー)
砂山太一(建築・美術研究)
飯岡陸(キュレーター)
濱中敦史(twelvebooks)
深井佐和子(SW_ /編集者)
伊藤貴弘(東京都写真美術館 学芸員)
網野奈央(torch press/編集者)
東直子(IMA/編集者)
ウェブサイト
www.tokyophotographicresearch.jp


アートフラッシュニュース

文字の大きさ