2019年09月15日号
次回10月1日更新予定

アートフラッシュニュース

さいたま国際芸術祭2020「Sightama Art Center Project」9月のプログラム

最終更新日:2019年09月05日

「Sightama Art Center Project」について

さいたま国際芸術祭2020では、本芸術祭を「共につくる、参加する」市民参加型の芸術祭とするため、みなさまが主体となって参加できるプロジェクトを実施します。
「Sightama Art Center Project」は、「日常賛花―さいたまでアートに参加し・伝え・感じ合う」をテーマに、訪れた方が、継続的にアートに親しみ参加できる場をつくりだすプロジェクトです。
水曜日・金曜日・土曜日に開催するプログラムをそれぞれ「深呼吸する水曜日」、「金曜日の芸術学校」、「土曜アートチャレンジ」と名付け、各曜日のコンセプトに応じた幅広いジャンルのアーティストが、それぞれの“とくいわざ”を活かしたプログラムを展開します。

ウェブサイトより)

スケジュール・内容

金曜日の芸術学校

「アートプロジェクトのキロクの方法」
日時|2019年9月13日(金)19:00~21:00(開場18:30)
会場|市民会館おおみや 地下フロア
定員|各回30名(先着順) 当日、直接会場までお越しください。
内容|~アートを記録して、共有する方法をお伝えします~
講師|直井薫子

「0から学ぶ美術史講座vol.2」
日時|2019年9月27日(金)19:00~21:00(開場18:30)
会場|市民会館おおみや 地下フロア
定員|各回30名(先着順) 当日、直接会場までお越しください。
内容|~目と頭で、アートを楽しむコツを学びます~
講師|山田俊二

土曜アートチャレンジ

「ものがたりをつくる・かたる」
日時|2019年9月14日(土)16:00~18:00(開場15:30)
会場|市民会館おおみや 地下フロア
定員|各回50名(先着順) 当日、直接会場までお越しください。
内容|~1枚のスナップ写真から、物語を作って語るワークショップ~
講師|遠山昇司(さいたま国際芸術祭2020ディレクター)

「さいたまでアートの場づくりを考える!vol.1 地域に根ざしたアートプロジェクトのアイデア」
日時|2019年9月28日(土)13:00~16:30(開場12:30)
会場|市民会館おおみや 地下フロア
定員|各回50名(先着順) 当日、直接会場までお越しください。
内容|~参加者と意見を交換しながら、さいたま市ならではのアートの場づくりを考えます~
講師|NPO 法人インビジブル、高田純嗣

スペシャルプログラム

「図書館大ヘンシン作戦会議」
2019年 日時|2019年9月15日(日)14:00~16:30(開場13:30)
会場|市民会館おおみや 地下フロア
定員|各回50名(先着順) 当日、直接会場までお越しください。
内容|~旧大宮図書館を、芸術祭の会場に変身させるアイデアを生み出します~
講師|YORIKO

各プログラムの詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://art-sightama.jp/news/sightama-art-center-start-3/

プログラム概要

会場
市民会館おおみや 地下フロア
(さいたま市大宮区下町3-47-8)
会期
2019年9月13日(金)〜9月15日(日)、9月27日(金)、9月28日(土)
入場料
無料
問い合わせ先
さいたま国際芸術祭実行委員会事務局(さいたま市国際芸術祭開催準備室内)
Tel:048-829-1225/Fax:048-829-1996
Mail:arts-festival@city.saitama.lg.jp
主催
さいたま国際芸術祭実行委員会
申込
不要・先着順(各回定員:金曜30名・土曜50名)
ウェブサイト
https://art-sightama.jp/news/sightama-art-center-start-3/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ