2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

アートフラッシュニュース

TPAM — 国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2020

最終更新日:2020年01月09日

TPAM(ティーパム、国際舞台芸術ミーティング in 横浜)は、同時代の舞台芸術に取り組む国内外のプロフェッショナルが、公演プログラムやミーティングを通じて交流し、舞台芸術の創造・普及・活性化のための情報・インスピレーション・ネットワークを得る場です。1995年に「芸術見本市」として東京で開始し、2011年より「創造都市」横浜で開催。近年はアジア・フォーカスを強化し、アジアとの共同製作にも参画。20年以上の歴史を経て、アジアで最も影響力のある舞台芸術プラットフォームのひとつとして国際的に認知されています。

ウェブサイトより)

プログラム

1 公演プログラム「TPAMディレクション」

1) リー・レンシン[マレーシア]『セクション19 ‒ 地域でのダンス儀式』 2月8〜15日
2) fieldworks / ハイネ・アヴダル & 篠崎由紀子[ベルギー/ノルウェー/日本]『nothingʼs for something』 2月9日
3) 劇団態変[日本]『箱庭弁当』 2月9〜11日
4) パドミニ・チェター[インド]『哲学的実演 1&2』 2月10〜11日
5) エコ・スプリヤント[インドネシア]『イブイブ・ベルー:国境の身体』 2月12日
6) タナポン・ウィルンハグン[タイ]『退避』 2月12〜15日
7) fieldworks / ハイネ・アヴダル & 篠崎由紀子[ベルギー/ノルウェー/日本]『unannounced』 2月13〜15日
8) 中間アヤカ[日本]『フリーウェイ・ダンス』 2月14〜15日
9) ピチェ・クランチェン[タイ]『No. 60』 2月15〜16日
10) fieldworks/ハイネ・アヴダル & 篠崎由紀子+サラ・ヤンセン[ベルギー/ノルウェー/日本]『unwrittenconversation』2月16日
11) 毛魚 & アキラ・ザ・ハスラー/捩子ぴじん[韓国/日本](タイトル未定) 2月16日

2 交流プログラム「TPAM エクスチェンジ」

作品やプロジェクトを紹介し合う、テーマを設定してミーティングを主催する、舞台芸術の状況をめぐるディスカッションに参加する — 新しい情報を得てネットワークを広げるために様々に活用していただける、TPAMのベースとなるプログラムです。プロフェッショナルの関心に特化した一部のプログラム以外は、一般のお客様もご参加いただけます。

3 公募プログラム「TPAMフリンジ」

参加アーティスト/カンパニー/プロジェクト(公演日程順) 東京タンバリンわのわ、KPR/開幕ペナントレース、黑沼千春、富山のはるか、ロロ、⻘年団、横浜ダンスコレクション2020(コンペティションI、⻘空ダンス、黑須育海、ジュゼッペ・キコ & バルバラ・マティアヴィッチ、田村興一郎、HOTPOT 東アジア・ダンスプラットフォーム)、BRDG、SCOOLセレクション2020(福井裕孝、荒木優光)、STスポットセレクション vol.3(ヌトミック、岡田智代 × 大谷能生)、劇団現代古典主義、FURUTAMARU.、佐藤朋子、Co. Ruri Mito、鮭スペアレ、IDIOT SAVANT × Belloo Creative、ARICA、*birdname、伊藤キム、EPOCH MAN、若手振付家ショーケース(北尾亘[Baobab]、中村蓉、田村興一郎、井田亜彩実、岡本優 & 岡田太郎、和太鼓 + ダンスユニット<まだこばやし>、仁田晶凱)、台北表演芸術センター × オランコソン、劇団かかし座、N2、アートウェーヴ/梅田宏明/ムーバー(ダンサー)、WONG, Pik Kei, Blue Ka Wing、アブラクサス、劇団あはひ、共生共創事業(OiBokkeShi、インテグレイテッド・ダンス・カンパニー響-Kyo)、メイド・イン・マカオ Vol. 3(ポイントビューアート & ミュージックピクニック、マカオ実験劇場、ポイントビューアート、BOK × 高凱琳 × 福島章嗣、BOK × Choi-Buttinger)、Theatre Qfun Theater & Theatre Company shelf、ケベック フォーカス(アンドレア・ペナ、シモン・グルニエ-ポワリエ & ドリアン・ヌスキン-オデー)、冨士山アネット、岩渕貞太/岩渕貞太 身体地図、few phew pur、mooncuproof、y/n、Annachan、ゼロコ、はらぺこ満月、JDS ARTWORKS/カワサキアリス、追手門学院高校表現コミュニケーションコース、劇団鳥獣戯画 、OM-2 × 柴田恵美、イエデイヌ企画、7度、櫛田祥光/Dance company Lasta、gallop、庭劇団ペニノ、M.M.S.T、敷地理、さんぴん、烏丸ストロークロック

イベント概要

会場
KAAT神奈川芸術劇場、Kosha33(神奈川県住宅供給公社)、横浜市開港記念会館、横浜ボートシアター、クリフサイド、関内新井ホール、横浜赤レンガ倉庫1号館、Amazon Clubほか横浜・東京の複数会場
会期
2020年2月8日(土)〜2月16日(日)
入場料
参加方法、公演ごとに異なります。詳細はウェブサイトをご覧ください。
問い合わせ先
国際舞台芸術ミーティング in 横浜 事務局
Tel:03-5724-4660/Fax:03-5724-4661
主催
国際舞台芸術ミーティング in 横浜 2020 実行委員会(国際交流基金アジアセンター、公益財団法人神奈川芸術文化財団、公益財団法人横浜市芸術文化振興財団、PARC – 国際舞台芸術交流センター)
ウェブサイト
https://www.tpam.or.jp/2020/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ