2020年04月01日号
次回4月15日更新予定

アートフラッシュニュース

チェルフィッチュの<映像演劇> 風景、世界、アクシデント、全てこの部屋の外側の出来事

最終更新日:2020年02月25日

本展は、4本の〈映像演劇〉によって構成される演劇公演/展覧会です。 〈映像演劇〉とは、演劇作家・チェルフィッチュ主宰の岡田利規が、舞台映像デザイナーの山田晋平と取り組む、新しい形式の演劇です。「演劇とは、ある場において行われる上演が生じさせる“現象としてのフィクション”のことだ」と語る岡田は、これまでも演劇の形式自体を問うような作品を多く手掛けてきました。

〈映像演劇〉で上演/展示されるのは、スクリーン等に投影された、等身大の役者の映像です。映像の中で、役者は役を演じていますが、そこには背景も奥行きもありません。映像であるからこそ、観客は接近したり凝視したり、通常の「演劇」とは異なる鑑賞の仕方をすることができます。一方で、厚みのない映像であるにもかかわらず、人間が演じる「演劇」とも違う独特の存在感や生々しさが、そこには発生しています。 観客が映像に触れ、役者の演技と観客の想像力とが合わさる時、映像が投影された空間は、演劇の生まれる空間に変わります。〈映像演劇〉を見ることで、観客は、「演劇」として発生するフィクションと、「映像」であることで発生するフィクションという、2つの領域を同時に経験することになるのです。

ウェブサイトより)

岡田利規
1973年神奈川県生まれ。演劇作家、小説家、チェルフィッチュ主宰。2005年「三月の5日間」で第49回岸田國士戯曲賞を受賞。2007年デビュー小説「わたしたちに許された特別な時間の終わり」を新潮社より発表し、翌年第2回大江健三郎賞受賞。2012年より岸田國士戯曲賞の審査員を務める。2016年よりドイツ有数の公立劇場として知られるミュンヘン・カンマーシュピーレにて、日本人演出家として初めて4シーズンに渡るレパートリー作品の演出を務めている。


チェルフィッチュ
岡田利規が全作品の脚本と演出を務める演劇カンパニーとして1997年に設立。独特な言葉と身体の関係性を用いた手法が評価され、現代を代表する演劇カンパニーとして国内外で高い注目を集める。2007年『三月の5日間』にて国外進出を果たして以来、世界70都市での上演歴を持つ。近年は海外のフェスティバルによる委託作品制作の機会も多く活動の幅をさらにひろげている。

クレジット

作・演出/岡田利規
映像/山田晋平
出演/足立智充、椎橋綾那
テクニカルディレクション/岩田拓朗(SCARTS)
衣裳/藤谷香子(FAIFAI)
宣伝美術/佐藤史恵(SA+O)
プロデューサー/黄木多美子(precog)
プロダクションマネジメント/小森あや(TASKO inc.)
制作/小山冴子(SCARTS)、丸田鞠衣絵(hitaru)
企画制作/株式会社precog
製作/札幌文化芸術交流センター SCARTS・札幌文化芸術劇場 hitaru(札幌市芸術文化財団)、一般社団法人チェルフィッチュ


演劇公演・展覧会概要

会場
札幌文化芸術交流センター SCARTS クリエイティブスタジオ
(札幌市中央区北1条西1丁目)
会期
2020年3月21日(土)~ 29日(日)
入場料
一般 500円/65歳以上 400円*/高校生以下 無料*
*ご本人様に限り、チケットご提示で会期中の再入場が可能です
*お名前、生年を確認できるものをお持ちください。
問い合わせ先
札幌文化芸術交流センターSCARTS
Tel:011-271-1955
主催
札幌文化芸術交流センター SCARTS・札幌文化芸術劇場 hitaru(札幌市芸術文化財団)、一般社団法人チェルフィッチュ
協力
さっぽろ天神山アートスタジオ
助成
芸術文化振興基金助成事業
チケット販売
2020年2月25日(火)~
市民交流プラザチケットセンター
(札幌市民交流プラザ2F/10:00〜19:00)


アートフラッシュニュース

文字の大きさ