2020年06月01日号
次回6月15日更新予定

アートフラッシュニュース

Staying TOKYO

最終更新日:2020年04月24日

ライゾマティクス主催の実験的オンラインイベント「Staying TOKYO」。沢山のイベントが自粛される中、4月3日(金)からスタートした本企画は、この思いに賛同するアーティストやクリエイターが毎回オンラインで参加し、アート、音楽、デザイン、建築、その他表現など、今できることを持ち寄ってイベントを実施しています。
この度、4月24日(金)のトークゲストにキュレーターの長谷川祐子氏とアーティストのオラファー・エリアソン氏の参加が決定しました。 オラファー・エリアソン氏は、東京都現代美術館で個展「​オラファー・エリアソン ときに川は橋となる」​を3月14日から開催予定でしたが、展覧会の開幕が延期となっています。今回は、お二人をお招きし「アート」を取り巻く現在の状況についてディスカッションいただきます。
また、後半は、真鍋大度のAudioと、Keijiro TakahashiのVisualによるRemote Audio Visual Sessionを行います。Rhizomatiks Researchが開発したシステムによる、初の共演となる二人のセッションにご期待ください。>

(プレスリリースより)

Staying TOKYO Vol.03 "Public Experiment" 開催概要

トーク

長谷川祐子(キュレーター)+ オラファー・エリアソン(アーティスト)

Remote Audio Visual Session

真鍋大度(Audio)+ Keijiro Takahashi / 高橋 啓治郎(Visual)

Remote B2B Session

Rhizomatiks Research

会場
https://www.twitch.tv/rhizomatiks (オンライン開催URL)
会期
2020年4月24日(金)
開館時間
20:00-23:00
*毎週金曜日 20:00-23:00で開催中
ウェブサイト
https://staying.super-flying.tokyo/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ