2020年07月01日号
次回7月15日更新予定

アートフラッシュニュース

RAM Association 2020年度 研修生募集

最終更新日:2020年06月29日

東京藝術大学大学院映像研究科では、ノンディグリープログラムとして「メディアプロジェクトを構想する映像ドキュメンタリスト育成事業」(通称、RAM Association: Research for Arts and Media-project)を実施します。3年目となる2020年度は、自らの芸術表現をより具体的に展開し、活動の幅を広げたい方々を研修生として募集します。

ウェブサイトより)

募集要項

対象者

同時代の表現行為を実践的に問い直そうとするアーティスト、演出家、研究者、エンジニア、プロデューサー、編集者、プロジェクトマネージャーなど。
*学生応募不可。博士課程在籍の方のみ応募可。

研修期間

2020年7月〜2021年3月末まで

定員

20名程度

教材費

50,000円
*リサーチ・ラボや成果発表に関する実費。制作費は各自ご負担ください。
*教材費の支払い猶予等も可能ですので、希望の方はご相談ください。

募集期間

2020年6月19日(金)~ 6月30日(火)23:59 締切
*資料提出締切 7月5日(日)23:59 締切

応募手順

詳細はウェブサイトをご覧ください。
http://geidai-ram.jp/2020apply/

選考方法

事務局による書類審査により決定。結果はメールで通知します。

合否通知

2020年7月中旬

初回オリエンテーション

2020年7月25日(土)および 26日(日)[予定]
*詳細は合格者にのみ後日メールでお知らせ致します。

プロデューサー

桂 英史[メディア研究・図書館情報学/東京藝術大学大学院映像研究科教授]
高山 明[演出家/東京藝術大学大学院映像研究科教授]

シニアフェロー

今福 龍太[文化人類学者・批評家/東京藝術大学大学院映像研究科特任教授]

ディレクター

和田 信太郎[メディアディレクター/東京藝術大学大学院映像研究科助教]

フェロー

青柳 菜摘[アーティスト]、飯岡 幸子[映像作家]、カニエ・ナハ[詩人]、玄 宇民[映像作家]、田中 沙季[Port都市リサーチセンター]、Jang-Chi[アーティスト・コレクティヴ オル太]、潘 逸舟[美術家]

概要

問い合わせ先
メディアプロジェクトを構想する映像ドキュメンタリスト育成事業(RAM Association: Research for Arts and Media-project)
Mail:geidairam@gmail.com
主催
東京藝術大学大学院映像研究科
ウェブサイト
http://geidai-ram.jp/2020apply/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ