2020年08月01日号
次回9月1日更新予定

アートフラッシュニュース

みちのくアート巡礼キャンプ2020 受講生募集

最終更新日:2020年07月14日

本ラボは、東北地方を旅しながら開催される3週間の集中ワークショップです。5回目となる今回は、福島県の浜通りエリアと喜多方市を主なフィールドとして実施します。
対象は、公募で集まる若手アーティストや企画者たち。参加者たちは集団および個人での旅/リサーチを通じて、土地や歴史、そこに存在する様々な事物と出会い、自らの問いや表現を深めていきます。同時に、多彩な講師のレクチャーや他の参加者との対話から自らの思考を深め、未来の企画やプランを構想していきます。

ウェブサイトより)

スケジュール

合宿ワークショップ

福島県いわき市、南相馬市
2020年8月7日(金)〜10日(月・祝)(3泊4日)

中間ワークショップ

オンライン
2020年8月16日(日)、17日(月)

最終プレゼンテーション/講評

福島県喜多方市
2020年8月21日(金)〜23日(日)(2泊3日)

講師

赤坂憲雄(民俗学者)
岡本亮輔(宗教社会学者)
小沢剛(美術家) 小松理虔(地域活動家、ライター)
斎藤環(精神科医) 
志賀忠重(いわき万本桜プロジェクト代表)
中村祐子(映画監督、作家)
津田大介(ジャーナリスト)
柳美里(劇作家、小説家)
相馬千秋(アートプロデューサー)

参加形態、定員、参加料など

①リアル参加

・ワークショップ全日程にわたり、開催地にて参加。
定員:15名(選考あり)
参加料:50,000円(宿泊費5泊分、浜通りエリアでのバス移動費含む)
*また以下の経費は自己負担となります。
・自宅からワークショップ開催地(福島県いわき市、喜多方市など)までの交通費
・ワークショップ開催中の食費および個別リサーチにかかる諸経費等
応募〆切:2020年7月20日(月)24時 必着

②アバター参加

・全レクチャーにオンラインで参加可。
・本キャンプのオンライン・コミュニティに参加可。
・参考資料や課題文献などの共有あり。
定員:50名(先着順)
参加料:15,000円

③レクチャー単発聴講

・各レクチャーをオンラインで視聴可。
定員:各回100名(先着順)
参加料:各回 2,000円

応募条件

・年齢、国籍不問(ただしワークショップは日本語で実施)

【リアル参加者のみ】
・アーティスト(演出家、美術家、映画監督、作家など、手法・媒体問わず同時代の芸術表現を行う者)あるいはアーティストを目指す方。
・キュレーション、プロデュース、編集、翻訳など、広義の表現に関わる方。
・ワークショップの全日程に参加できる方

応募要項

詳細はウェブサイトをご覧ください。
https://theatercommons.tokyo/lab/program/michinoku2020

問い合わせ先
特定非営利活動法人 芸術公社
Tel:080-3936-6676(平日:11:00-18:00)
Mail:artscommons.tokyo.inquiry@gmail.com
主催
特定非営利活動法人 芸術公社
ウェブサイト
https://theatercommons.tokyo/lab/program/michinoku2020


アートフラッシュニュース

文字の大きさ