2023年02月01日号
次回2月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

秋田市「まちの空間/余白(SPACE LABO)」企画募集

最終更新日:2020年08月05日

秋田市は、「まちの空間/余白(SPACE LABO)」で実現したい企画(ジャンル不問)を募集します。
本公募は、〈秋田市文化創造館〉の開館(2021年3月予定)に先駆け実施するプレ事業“乾杯ノ練習”の一環。“乾杯ノ練習”では、新しい知識に出会い、学び合うためのイベントや、創造力の発揮をサポートするプロジェクトなどを、市内のさまざまな場所で展開しています。
●「SPACE LABO」は、“新しい価値を生み出す実験的な場所”として見立てた、まちの余白/空間です
●秋田市の中心市街地の施設やマスメディアが表現の舞台となります
●二次審査通過者(4名〈組〉)には制作補助費(最大10万円)を支援し、コーディネーターのサポートのもと、企画を公開する機会を提供します(最終審査)
●グランプリには、次年度〈秋田市文化創造館〉で表現する機会を提供し、その滞在制作費を支援します
次年度の滞在制作へ発展させる実験的な「企画」の公募です。ぜひチャレンジしてみてください。

(募集要項より)

応募概要

募集締切

2020年8月17日(月)23:59 必着

●グランプリ...1名(組)
2021年度、秋田市文化創造館での表現する機会の提供およびその滞在制作費の支援
※選考の結果、複数名(組)選出する場合があります
●審査員特別賞 ...1名(組)
賞金5万円

募集内容

SPACE LABOのいずれかで実現してみたい企画
●ジャンル不問
●各SPACE LABOの特徴を考慮した企画であること
●最終審査(公開期間)を通して市民が目にできる企画であること(ラジオ番組については、放送局の指定する日時での公開となります)
●2021年度、秋田市で滞在制作を行い、秋田市文化創造館での表現に発展させることを意識した企画であること

企画公開会場[SPACE LABO]

1 ABSラジオ「まちなか SESSION エキマイク」番組内企画
2 JR 秋田駅(秋田市中通)サイネージ・壁面プロジェクション
3 秋田オーパ(秋田市千秋久保田町)1F吹き抜け
4 フォンテAKITA(秋田市中通)6F情報発信コーナー
*サイズ等は「SPACE LABO制作規定」をご確認ください

応募資格

下記の条件を満たすこと
●秋田市での滞在制作に挑戦できること
●オンライン面接、オンライン合宿へ参加できること
●協力企業やコーディネーターとの協働に積極的に臨めること

審査員

金子由紀子 青森公立大学国際芸術センター青森(ACAC)主任学芸員
鈴木一郎太 (株)大と小とレフ取締役
橋本誠 アートプロデューサー、NPO 法人アーツセンターあきたディレクター
*SPACE LABO を提供する協力企業の担当者も審査に参加します

応募方法

詳細はウェブサイトをご覧ください。

問い合わせ先
NPO法人アーツセンターあきた
Tel:018-888-8137/Fax:018-888-8147
Mail:info@artscenter-akita.jp
主催
秋田市
ウェブサイト
https://www.artscenter-akita.jp/archives/13254


アートフラッシュニュース

文字の大きさ