2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

アートフラッシュニュース

アール・ブリュット2020特別展 満天の星に、創造の原石たちも輝く -カワル ガワル ヒロガル セカイ-

最終更新日:2020年09月07日

本展は、都内5カ所と東京都渋谷公園通りギャラリーにおいて、国内の作家16名と海外の作家2名の計18名の独創性にあふれる作品をご紹介いたします。紙面の隅々まで粒子のような緻密な描写をする人、落ち葉を折って躍動的な動物をつくる人や壁紙を削りながら壁画を描く人など、既成概念を超えた自由な創造性による表現をご覧いただきます。 また、本展では、「カワル角度案内人」として民俗学者やアーティストなどの様々な分野で活躍する方々にご参加いただき、アール・ブリュットをプラットホームに多角的な視点から芸術文化の可能性や、人間の表現に対する根源的欲求を問う企画を作品展示と併せて行います。18名の作家たちと多分野の専門家たちの異なるまなざしが、私たちの周りに存在する様々な境界線を解き、新たな価値観の発見とともに皆さまの世界を多様に拡げるきっかけとなることを願います。

ウェブサイトより)

出品作家

鵜飼結一朗、岡元俊雄、勝部翔太、勝山直斗、木村全彦、古久保憲満、Yasuhiro K.、澤田真一、魲万里絵、高橋甫、シージェイ・パイル、原塚祥吾、三浦明菜、ミスター・イマジネーション、美濃部責夫、本岡秀則、森田郷士、渡邊義紘

カワル角度案内人

赤坂憲雄(民俗学者)、石川直樹(写真家)、パトリック・ギゲール(芸術監督・キュレーター)、マリオ・デル・クルト(写真家)

関連イヴェント

「カワル角度案内人のトークショー」【オンライン配信】

登壇者:赤坂憲雄(民俗学者)、石川直樹(写真家)
日時:未定
会場:オンライン配信
※詳細については改めてお知らせいたします

「視覚障害者とつくる美術鑑賞ワークショップ」 【オンライン開催】

日時:未定
会場:オンライン開催
入場料:無料
※申込方法等については改めてお知らせいたします

「本展キュレーターによるギャラリートーク」

日時:未定
会場:東京都渋谷公園通りギャラリー
入場料:無料
※申込方法等については改めてお知らせいたします

展覧会概要

会場
東京都渋谷公園通りギャラリー
(東京都渋谷区神南1-19-8 渋谷区立勤労福祉会館1階)
会期
2020年9月5日(土)〜12月6日(日)
<前期>9月5日(土)〜10月18日(日)
<後期>10月21日(水)〜12月6日(日)
入場料
無料
休館日
月曜日(ただし、9/21、11/23 は開館)、9/23、10/20、11/24
開館時間
11:00-19:00
問い合わせ先
東京都現代美術館 文化共生課文化共生係(広報担当)
Tel:03-5422-3151/Fax:03-3464-5241
E-mail:inclusion@mot-art.jp
主催
東京都、(公財)東京都歴史文化財団 東京都現代美術館 東京都渋谷公園通りギャラリー
企画協力
社会福祉法人愛成会
協力
墨田区、中野区、武蔵野市、福生市、八丈町
ウェブサイト
https://inclusion-art.jp/archive/exhibition/2020/20200905-52.htmll
2020年 /relation/e_00054542.json l 10164004


アートフラッシュニュース

文字の大きさ