2020年10月15日号
次回11月2日更新予定

アートフラッシュニュース

さいたま国際芸術祭2020-Art Sightama-

最終更新日:2020年09月25日

今春開幕を予定していたさいたま国際芸術祭2020は、当初予定していた規模での開幕を見送らざるを得ませんでしたが、ウィズコロナ時代に対応した2つの鑑賞スタイル(オンラインとオンサイト)で、作品をお楽しみいただけます。コロナ禍において実施が叶わなかった作品もございますが、ディレクター遠山昇司が掲げるテーマ「花/flower」のもと、それぞれのアーティストが展開する作品をぜひご体験ください。

(プレスリリースより)

プログラム

家でたのしむ-オンライン-

オンサイトでの作品公開に先がけて、実際の作品が展示されている様子や作品のエッセンスをお伝えする映像を配信します。 会場へお越しいただかなくても、家でも、通勤途中でも、海外からでも、好きな時にさいたま国際芸術祭を体験することが出来ます。

映像配信URL:https://online-art-sightama.jp
視聴無料・アカウント登録不要

会場でたのしむ-オンサイト-

旧大宮区役所および旧大宮図書館の作品を期間中無料でご鑑賞いただけます。また、鉄道博物館や宇宙劇場など市内各所でも作品をお楽しみいただけます。作品公開は日時指定の事前予約制とし「博物館における新型コロナウイルス感染拡大予防ガイドライン」等に基き対策を講じた上で、実施いたします。

SACP-Sightama Art Center Project(さいたまアートセンタープロジェクト)

生活都市さいたまで、市民や来場者自身のライフスタイルに合わせた「アートへ参加する習慣」をつくりだすさいたまアートセンタープロジェクトを9月25日(金)から実施いたします。主に水・金・土曜日に、さいたまゆかりのアーティストやユニークな活動をしている講師が集い、ウィズコロナ時代に対応した多彩なプログラムを展開します。

期間:2019年8月23日(金) 〜2020年11月15日(日)
会場:アネックスサイト(旧大宮図書館)

展覧会概要

会場
メインサイト:旧大宮区役所
アネックスサイト:旧大宮図書館
スプラッシュサイト:まちなか展開 (鉄道博物館、大宮図書館、埼玉会館、 宇宙劇場その他市内各所)
※スプラッシュサイトの開館時間・休館日・入場料・展示期間等詳細は各公式HPでご確認ください。
会期
オンライン:2020年10月3日(土)〜11月15日(日)
オンサイト:2020年10月17日(土)〜11月15日(日)
※SACP-Sightama Art Center Project(さいたまアートセンタープロジェクト)-は 9月25日(金)より開催
入場料
オンサイト:無料
ご予約:https://art-sightama.jp/jp/news/uFoQi15g/
※完全予約制、日時指定
※事前予約は10月3日(土)から受付開始
※鉄道博物館に展示する作品をご鑑賞いただく場合は入館料が必要です。
※ご来館の際は必ず予め指定されたコンビニエンスストアで日時指定の入館券(枚数限定)をご購入ください。
休館日
オンサイト:月曜休館
開館時間
オンサイト:12:00-18:00(最終入場17時)
問い合わせ先
さいたま国際芸術祭実行委員会事務局(さいたま市国際芸術祭開催準備室内)
Tel:048-829-1223/Fax:048-829-1996
E-mail:arts-festival@city.saitama.lg.jp
主催
さいたま国際芸術祭実行委員会
ウェブサイト
https://art-sightama.jp


アートフラッシュニュース

文字の大きさ