2020年11月15日号
次回12月1日更新予定

アートフラッシュニュース

展覧会「TWO PRIVATE ROOMS − 往復朗読」開催

最終更新日:2020年11月13日

〈往復朗読〉とは、「サークル・ナレーティング Section #02」として開催された、⻘柳菜摘、佐藤朋⼦の⼆⼈のアーティストによる、その⽇ごとに物語やその断⽚を選び、読み語るアートプロジェクトです。SNS 上で2020 年4⽉20⽇より⽇々途切れることなく、互いに⾃分がいる場所から、その⼀回限りの出来事をTwitter / Periscopeを通して映像でのライブ配信をしてきました。何を読むのかはその⽇次第で、まるで交換⽇記やカラオケの順番待ちのように応答に応答して、往復する朗読に起伏を与えていくオンライン・パフォーマンスです。静かな即興性は、コロナ禍のパンデミックで「動く」ことも「集う」ことも出来ない窮状下、⾔葉の特性の⼀つである「ことば遊び Word Play」に原点回帰することであり、共に離れたところから「交える(交換、交通、交歓、交遊……)」ことの可能性を拡げる実践でもありました。

本展「TWO PRIVATE ROOMS ‒ 往復朗読」は、〈往復朗読〉をSNS上での公開制作と位置づけ、埋もれていくタイムラインの中から⼆⼈のアーティストによる「即興の痕跡」を取り出し、新たに制作した映像作品を通してその⾏為の意味を問い直します。ソーシャルメディアにおけるパフォーマンスが躍起となる現在において、〈往復朗読〉のインタラクションの⾏⽅をぜひご⾼覧ください。

*なお、映像作品は上映時間に1週間を要するため、3週間の会期のうち、⽕曜⽇は4,5⽉、⽔曜⽇は6⽉、⽊曜⽇は7⽉、⾦曜⽇は8⽉、⼟曜⽇は9⽉、⽇曜⽇は10⽉と、曜⽇ごとに分けて上映します。会期最終⽇12⽉6⽇(⽇)は〈往復朗読〉の最終回として、スペシャルイベントを開催予定です。

ウェブサイトより)

出展作家

青柳菜摘、佐藤朋子

ゲスト出演

朝倉千恵子、飯岡幸子、荏開津広、カニエ・ナハ、郷拓郎、小宮麻吏奈、時里充、日和下駄、布施琳太郎、山下澄人(50音順)

展覧会概要

会場
theca(コ本や honkbooks/池袋)
(東京都豊島区池袋2-24-2 メゾン旭2F)
会期
2020年11月17日(火)〜12月6日(日)
入場料
500円(リーフレット付き)
休館日
11⽉24⽇(⽕)、11⽉30⽇(⽉)
開館時間
12:00−20:00
問い合わせ先
コ本や(担当:⻘柳)
E-mail:honkbooks@gmail.com
主催
コ本や honkbooks、佐藤朋⼦
ウェブサイト
https://honkbooks.com/cn-03/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ