2021年03月01日号
次回3月15日更新予定

アートフラッシュニュース

鈴木操、髙橋銑、原田裕規「damp plosive roam」

最終更新日:2021年02月19日

本展タイトル「damp(湿った)、plosive(破裂音)、roam(ぶらつく)」は、それぞれの単語が組み合わさり意味を構成しているのではなく、生理的・心理的な感覚を喚起させる単語をバラバラに羅列したもの。これらの単語は、都市生態において現れる「外来性」の気配を追跡する指標として選ばれた。

近年広告的に使われる「エシカル消費」や「サステナビリティ」といったキーワードが、人々のエコロジカルな善意を表層的な次元に留めてしまう可能性があること。またコロナ禍にあって、人間機械論的なAIなどへの志向が自然に環境化されつつある状況を踏まえ、本展の着想は、エコロジーとAIといった対関係ではなく、その第三項として外来性、人間の認識からあふれるものを示すことにある。

記憶の彼方の光景、聞き覚えのないはずの鳴き声、無意味に存在するガラクタなど、社会的な生活空間に存在しながらも、人間の尺度や時間にとって外来であるような詩的なモノたちによって、現在の複雑な社会状況を照らし出すことを目論む。

ウェブサイトより)

出展作家

鈴木操、髙橋銑、原田裕規

展覧会概要

会場
mcg21xoxo
(千葉県松戸市根本3-21)
会期
2021年2月6日(土)〜2月27日(土)
入場料
無料
開館時間
月〜木:予約制(希望日の1週間前までにメールにて要予約)
金〜日 :13:00–19:00
問い合わせ先
mcg21xoxo
E-mail:mcg21xoxo@gmail.com
ウェブサイト
https://mcg21xoxo.com/
2021年 /relation/e_00056191.json l 10167339


アートフラッシュニュース

文字の大きさ