2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

2021年度DNP文化振興財団 グラフィック文化に関する学術研究助成

最終更新日:2021年03月30日

DNP文化振興財団では、わが国および世界のグラフィックデザイン、グラフィックアート文化の発展と、学術研究の振興に貢献することを目的に、人文社会科学、自然科学を問わず幅広い学問領域からグラフィックデザイン、グラフィックアートに関する研究テーマに対して助成を行っています。ふるってご応募ください。

ウェブサイトより)


◆募集テーマ

A部門 グラフィックデザイン、グラフィックアート全般をテーマとする学術研究
グラフィックデザイン、タイポグラフィ、印刷、版画、写真等のグラフィック文化に関係する幅広い学問領域の研究。 例えば、美術史、デザイン史、美学、芸術学、博物館学、美術教育学、比較文化論、画像工学、技法材料・保存科学、心理学、法学、経済学等。
B部門 グラフィック文化に関するアーカイブをテーマとする研究
グラフィックデザイン、タイポグラフィ、印刷、版画、写真等のグラフィック文化に関係するアーカイブ構築に関わる研究、または既存のアーカイブが所蔵する史資料の調査・分析、あるいは整理分類手法やデータモデルの提案といったアーカイブ自体の基礎研究等。

◆助成対象研究者

グラフィックデザイン、グラフィックアートに関する研究を行う研究者の個人またはグループ。
(1)大学に在籍する研究者(教員または大学院生)
(2)美術館学芸員
(3)大学院修了以上の研究者で、大学教授または美術館館長の推薦のある者
(4)その他、特定の機関等に属さない個人の研究者で、大学教授または館長の推薦のある者

◆助成金額

1件につき上限50万円/年

◆助成期間

1年間:2022年1月1日~2022年12月31日
2年間:2022年1月1日~2023年12月31日

◆申請方法

申請書をダウンロードし、必要事項を記入のうえ簡易書留(海外の場合はこれに類するもの)にて下記送付先に郵送するとともに、E-mailの添付ファイルで送信ください。E-mailの件名は、「グラフィック文化に関する学術研究助成申請書」としてください。

◆申請期間

2021年4月1日~2021年6月19日まで(必着)

◆選考結果発表

2021年10月予定

◆問い合わせ先

〒104-0061東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル
公益財団法人DNP文化振興財団
研究助成係

◆参考URL

https://www.dnpfcp.jp/foundation/grants/



アートフラッシュニュース

文字の大きさ