2021年06月01日号
次回6月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

東京芸術祭ファーム 参加者募集開始

最終更新日:2021年06月03日

2021年から始まる「東京芸術祭ファーム」は、舞台芸術の祭典・東京芸術祭の人材育成機能を集約した新しい枠組みです。アジアでの若いアーティストの交流と成長のプラットフォームであるAsian Performing Arts Farm(APAF:エーパフ)にフェスティバル/トーキョー(F/T)の研究開発・教育普及プログラムが加わって誕生しました。出会いと学びの場「スクール」、現場研修の機会「インターンシップ」、研究開発に挑む「ラボ」の3つのカテゴリーがあります。参加者公募を中心とする多様なプログラムのなかで、他者と協働しながら地域や分野を超えた〝トランスフィールド〟を開拓し、今後ますます流動的になるさまざまなボーダーを自由に行き来して活躍する人材の育成を目指します。 ディレクターは多田淳之介、共同ディレクターは長島確がつとめます。

プレスリリースより

プログラム概要

*2021年6月1日現在、募集中の4プログラムの詳細・応募方法等は、東京芸術祭ファーム詳細ページでご確認ください。

Farm-Lab Exhibition

国際コラボレーション作品の可能性を拓き、今後東京芸術祭や国際的なステージでの上演を目指す創作トライアル。ネス・ロケと敷地理が共同演出を行う作品の出演者と演出助手を公募します。

参加条件:35歳以下のアジアを拠点に活動している方 ほか
応募締め切り:6月20日(日)23:59 (日本標準時)

Asian Performing Arts Camp

アジア各地の舞台芸術の作り手たちが、レクチャーやディスカッションなどのアクティビティを通じ、世界観を広げながら各自が持ち込んだテーマについてリサーチするアートキャンプ。2021年度は新型コロナウイルス感染症によるアジア各国の状況も踏まえ、オンラインで実施します。(実施言語:英語)

参加条件:35歳以下で下記条件を満たす方
 1. アジアを拠点に活動している
 2. 舞台芸術作品やプロジェクトにおいて創作上重要な役割を果たしている ほか条件あり。募集要項参照。
応募締め切り:6月20日(日)23:59 (日本標準時)

アートトランスレーターアシスタント

舞台芸術に特化した通訳になるために、ファーム内の通訳担当者などの補助業務をしながら実地で学ぶ有償アシスタント。 未来のアートトランスレーターを募集します。

参加条件:原則20歳以上で、日英通訳ができる語学力がある方
応募締め切り:6月26日(土)23:59 (日本標準時)

『Young Farmers Forum』

海外での活動が未経験または浅い若手アーティストを対象に、ファームの国際的なプログラムに帯同し、現場の見学や補助、レクチャー聴講、レポートの執筆などを通じて、国際的な活動への最初のステップをつくるためのプログラム。

参加条件:29歳以下で下記条件を満たす方
 1. 日本を拠点に活動しており、今後、国際的に活動していきたい
 2. 舞台芸術作品やプロジェクトにおいて創作上重要な役割を果たしている ほか
応募締め切り:6月26日(土)23:59 (日本標準時)



問い合わせ先
東京芸術祭実行委員会事務局
Tel:050-1746-0996(平日10-18時)
主催
東京芸術祭実行委員会 [豊島区、公益財団法人としま未来文化財団、公益財団法人東京都歴史文化財団(東京芸術劇場・アーツカウンシル東京)]
助成
令和3年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
ウェブサイト
https://tokyo-festival.jp/2020/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ