2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

オンデマンド配信&座談会 チェルフィッチュ×Otagiri×丹下紘希『アウトラップ(いかにも音楽的な語りのなかにもキラリと饒舌なシナリオ)』

最終更新日:2021年06月25日

振り付けられたラッパーの身体がアウトプットする鮮烈なイメージ。
リリック&トラックが画面の外へと溢れ出す驚愕の18分。

Otagiriと岡田利規の出会いは2014年。当時SOCCERBOYとして活動していたOtagiriに岡田が振り付けた「ポストラップ」は、ステレオタイプなラッパーの身ぶりを鮮やかに刷新してみせた。本作では、Otagiriの楽曲・リリックをもとに岡田がサブテキストやイメージ図を執筆し、そこから身体の動きを振り付け。言葉から膨らませたイメージによって身体を振り付けるチェルフィッチュの方法論によってOtagiriのパフォーマンスは更なる未知の領域へと深化を遂げる。
チェルフィッチュ初の映像作品ともなる本作では、映像ディレクションにMr.ChildrenなどのMVや、社会問題と向き合い作品を手がけてきた映像作家・丹下紘希を迎え、未知の音楽体験を映像作品としてリアライズ。ほぼ無音の中で収録され息づかいも生々しいOtagiriのパフォーマンスにオーバーラップするのはPUNPEEなどのトラックを手がけるDJ MAYAKUによるスペシャルトラック。パフォーマンスに合わせて新たに制作されたトラックは、Otagiriの脳内で鳴る想像上の音楽が映像を通してオーディエンスに共有されるかのように響く。リリックから生まれた豊穣なイメージがOtagiriのパフォーマンスと丹下の映像を通してラップの「外」へと溢れ出す、短編映画のような唯一無二の音楽/映像体験。

ウェブサイトより)

Vimeoオンデマンド配信

チェルフィッチュ×Otagiri×丹下紘希『アウトラップ(いかにも音楽的な語りのなかにもキラリと饒舌なシナリオ)』

出演:Otagiri 振付:岡田利規 映像:丹下紘希
内容:本編+岡田利規・Otagiriインタビュー映像(聞き手 丹下紘希)
販売価格:1,000円(税込)
配信:202年6月22日(火)〜
購入:https://vimeo.com/ondemand/cheloutrap

関連イベント

『アウトラップ』オンデマンド配信記念「振付について考えてみる」

配信を記念し『アウトラップ』の試写と、振付家、ダンサー、批評家、演出家といったゲストと共に「振付とは何か」について考えるオンライン座談会を開催します。さらに座談会参加者限定で、期間限定配信時の特典だった『アウトラップ』クリエーション映像、サブテキストを配布。『アウトラップ』をよりお楽しみいただけます。

日程:2021年6月30日(水)20:00-22:00(終了後翌日までアーカイブあり)
モデレーター:山﨑健太(批評家、ドラマトゥルク)
登壇者:木村玲奈(振付家、ダンサー)、呉宮百合香(ダンス研究)、中村大地(作家、演出家)、ハラサオリ(振付家、ダンサー、美術家)*敬称略・五十音順
配信:YouTube Live(ご予約後視聴リンクをお送りいたします)
視聴料:無料(要予約)
予約:https://forms.gle/4vMXzL6x2pgc5m3s8

タイムテーブル(予定)
20:00 スタート、イントロダクション
20:05 『アウトラップ』本編 聴 18分
  20:25 登壇 による座 会スタート
21:30 視聴者からの質疑応答
22:00 終了予定

座談会限定特典
・クリエーション映像
ある日のクリエーション記録からの抜粋
演出家・岡田利規はラッパー・Otagiriにどのように振り付けをしたのか。想像によって振り付ける、その実際の創作プロセスを公開。
・サブテキスト
振付を創るために、Otagiriの詞に対して岡田利規がテキストやイメージを書いたもの
リリック・戯曲、そのどれでもない『アウトラップ』独自のサブテキスト。



問い合わせ先
株式会社precog
TEL:03-6825-1223(受付時間 平日10:00〜19:00)
ウェブサイト
https://chelfitsch.net/activity/2020/12/otagiri.html


アートフラッシュニュース

文字の大きさ