2021年10月15日号
次回11月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

KAAT EXHIBITION 2021「志村信裕展|游動」

最終更新日:2021年09月22日

水と光、そして月
志村信裕は古書、バケツに入った水、家具やリボンなど、日常でわれわれを取り囲む身近なものに映像を投影し、そのシーンから導かれる記憶を呼び覚ます作品を制作しています。

親しみのある日用品に宿る、音のない映像は、われわれの身体や記憶の深部に潜んでいる「もの」の共鳴による体感を生み出し、呼び覚まされた記憶が重なり合うことでどこか懐かしい情感がわき出します。「もの」と「もの」、「ひと」と「もの」、「ひと」と「ひと」が互いに触れ合うことによる「運動」が創出され、日常では動くことのない物体に命が宿る志村のインスタレーション。本展は「游動」と題し、水・光・月をモチーフとして取り入れた新作を制作、展示します。

自然や事物のあり様を捉え続けている志村の作品は、水の中の浮遊感や風にゆらめく木々の生き生きとした漂いに見ることができる「游/遊」と「動」を生み出し、日々われわれの日常の中で游動している事物とわれわれ自身との交感の様を鮮やかに写し出します。

ウェブサイトより)

展覧会概要

会場
KAAT 神奈川芸術劇場 中スタジオ
(神奈川県横浜市中区山下町281)
会期
2021年9月9日(木)~10月8日(金)
入場料
一般=800円
学生・65歳以上=500円
高校生以下=無料
*障がい者手帳をお持ちの方とその付き添いの方1名は無料
*KAATで同時期に上演中の「湊横濱荒狗挽歌」「近松心中物語」「エリア50代」の公演のチケット提示にて、本展覧会を無料でご鑑賞いただけます。(ご本人様1回限り)
休館日
月曜日(祝日の場合翌火曜日)
(9/27、10/4)
開館時間
11:00-18:00(入場は閉場の30分前まで)
問い合わせ先
KAAT 神奈川芸術劇場
TEL:045-633-6500(代表)/FAX:045-681-1691
主催
KAAT 神奈川芸術劇場
助成
公益財団法人 花王芸術・科学財団
協賛
アクセンチュア芸術部
協力
鶴岡市立 加茂水族館、黄金町エリアマネジメントセンター、Yuka Tsuruno Gallery
ウェブサイト
https://kaat-seasons.com/exhibition2021/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ