2021年12月01日号
次回12月15日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

Art Collaboration Kyoto

最終更新日:2021年10月19日

Art Collaboration Kyoto(ACK)は、「現代アートとコラボレーション」をテーマに京都で新たに始まるアートフェアです。現代アートに特化したアートフェアとしては日本最大級で、日本と海外のギャラリー、行政と民間、美術とその他の領域などがコラボレーションし、京都や日本のみならずアジア、欧米、南米から50軒を超えるギャラリーが出展します。メイン会場の国立京都国際会館では、「ギャラリーコラボレーション」と「キョウトミーティング」の2つのセクションを設け、出展するギャラリーが作品の展示や販売を行うほか、特別企画による展示も行います。また、京都府域各所ではACKの会期にあわせたプログラムが多数開催されます。

ウェブサイトより)

メイン会場イメージ
©Art collaboration Kyoto


出品ギャラリー一覧

詳細|https://a-c-k.jp/exhibitors/

作品一覧

詳細|https://a-c-k.jp/artworks/

トークイベント

ACK トーク「⾃由を帯びて⽣きる」

豪華なゲストによる対談をオンライン配信いたします。*後日、各詳細ページにて視聴URLを掲載いたします。

2021年11月5日(金)
Vol.1 宮島達男、黒川岳、柳瀬安里

2021年11月6日(土)
Vol.2 天野太郎、吉岡洋
Vol.3 菅谷富夫、保坂健二朗
Vol.4 金氏徹平、橋本梓

2021年11月7日(日)
Vol.5 ウスビ・サコ、前田尚武
Vol.6 高橋龍太郎、山本裕子

特別プログラム

ACKは国立京都国際会館とオンラインで、京都に様々な形で関わりのあるアーティストの特別展を開催します。
詳細|https://a-c-k.jp/special-programs/beyond-kyoto/

サテライトプログラム

京都府域各所でACKの会期にあわせたプログラムが多数開催されます。
詳細|https://a-c-k.jp/satellite-programs/

展覧会概要

会場
国立京都国際会館 イベントホール
(京都府京都市左京区宝ヶ池)
会期
2021年11月5日(金)〜11月7日(日)
入場料
早割価格(10月31日まで)|一般 2,500円、大学生・高校生 1,000円
通常料金|一般 3,000円、大学生・高校生 1,500円
*新型コロナウイルス感染症の感染予防・拡散防止のため、オンラインによる完全事前予約制です。
*会場でのチケット販売はありません。ご購入はこちらから
開館時間
11月5日(金)、6日(土)|12:00〜19:00
11月7日(日)|12:00〜17:00
*最終入場は閉場の1時間前まで
問い合わせ先
ACK実行委員会事務局
TEL:075-708-8591 E-mail:info@a-c-k.jp
主催
ACK実行委員会
助成
令和3年度 内閣府 地方創生推進交付金活用事業
令和3年度 文化庁 国際文化芸術発信拠点形成事業
後援
外務省、経済産業省、観光庁、日本貿易振興機構 京都貿易情報センター、 京都市、日本商工会議所、公益社団法人 経済同友会、一般社団法人 新経済連盟、一般社団法人 京都経済同友会、京都新聞、駐大阪・神戸米国総領事館、在大阪イタリア総領事館、オランダ王国大使館、駐日韓国大使館 韓国文化院、ドイツ連邦共和国総領事館、駐日ブラジル大使館、在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
ウェブサイト
https://a-c-k.jp/


アートフラッシュニュース

文字の大きさ