2022年01月15日号
次回2月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

第四弾 日本画解放区

最終更新日:2021年12月24日

日本画というカテゴリーに捉えるにはあまりにも自由すぎる作品の数々。

伝統に重きを置かれることが多いジャンルであるが、そもそも日本画の長い歴史の中でも素材・技法は時代によって変化し続けている。その名も明治期に西洋からやってきた油絵と区別するために生まれた呼び名であり、明治以前はその呼び名は無かったのである。今日まで日本画とは何か、問い続けられているように日本画の定義とはあいまいなものである。

年末年始の恒例企画となった今展もついに第四弾。

今回集まった7名の作家は各々素材・技法は異なり、独自の表現で日本画家としてではなく、一人のアーティストとして新たな可能性を解放していく。今後も目が離せない実力派の作家たちにご期待いただきたい。

ウェブサイトより)

水野香菜《午後》


展覧会概要

会場
Bunkamura Gallery
(東京都渋谷区道玄坂2-24-1)
会期
2021年12月29日(水)~2022年1月9日(日)
開館時間
10:00~19:00
*12/31、2022年1/2-3は18:00まで
問い合わせ先
Bunkamura Gallery
TEL:03-3477-9174
主催
Bunkamura Gallery
参加作家
秋葉麻由子、坂本藍子、水津達大、ディー・チン、松村侑紀、水野香菜、谷津有紀、大河原典子
ウェブサイト
https://www.bunkamura.co.jp/gallery/exhibition/211229nihonga.html


アートフラッシュニュース

文字の大きさ