2022年05月15日号
次回6月1日更新予定

アートフラッシュニュース

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、多くの美術館/博物館等で、臨時休館やイベントの休止、展覧会の中止や開催期間の変更、および入館方法等が変更になっています。

状況が日々変動しているため、各施設の公式ホームページなどで最新の情報をご確認ください。

シアターコモンズ’22「非同期することばたち – Unsynchronized Voices」

最終更新日:2022年01月21日

シアターコモンズは、演劇の「共有地」を活用し、社会の「共有地」を生み出すプロジェクトです。

日常生活や都市空間の中で「演劇をつかう」こと、すなわち演劇的な想像力によって、異質なもの、複数の時間が交わり、特別な対話や発見をもたらす経験をアーティストとともに仕掛けていきます。

第6回となる今回は、「非同期することばたち – Unsynchronized Voices」をテーマに、演劇公演、レクチャーパフォーマンス、体験型アート、小学生とその保護者を対象としたワークショップなど、7つのプログラムと2つのフォーラムを、リアルとリモートの両方で9日間にわたり開催します。

ウェブサイトより)

参加作家+プログラム

キュンチョメ「女たちの黙示録」
ボーハールト/ファン・デル・スホート[オランダ] 「動かない旅」
市原佐都子(Q)「妖精の問題 デラックス」
シュウ・ツェユー[台湾] 「彼・此―かれ/これのこと」
モニラ・アルカディリ&ラエド・ヤシン[クウェート、レバノン/ドイツ] 「吊り狂い」
佐藤朋子 「オバケ東京のためのインデックス 第一章」
Reframe Lab 「Reframe Lab×シアターコモンズ共同開発 『名もなきあそび』をつくるワークショップ」
コモンズ・フォーラム#1「非同期することばたち──非同期的ドラマトゥルギーはいかに生成するのか」
コモンズ・フォーラム#2「パンデミック時代に問い直す、世界の複数性──シアターコモンズ’22から世界演劇祭’23へ」

チケット発売

2022年1月21日(金)12:00〜
*詳細はこちらをご覧ください。

<コモンズパス>
全プログラム(リアル参加・リモート参加)をご覧いただける共通パス。
一般5,800円 |港区民割5,300円|学生割4,800円

<リモートパス>
世界中のどこからでも遠隔で参加可能なパス。直接会場にご来場いただけない方におすすめ。
★以下のプログラムにご参加いただけます。
<キュンチョメ、シュウ・ツェユー、ボーハールト/ファン・デル・スホート、佐藤朋子、コモンズ・フォーラム#1、#2>
共通3,000円

展覧会概要

会場
東京都港区エリア各所およびオンライン
*詳細はプログラムページをご覧ください。
会期
2022年2月19日(土)〜2月27日(日)
問い合わせ先
シアターコモンズ実行委員会
TEL:050-5358-8561 E-mail:artscommons.tokyo.inquiry@gmail.com
ウェブサイト
https://theatercommons.tokyo
関連レビュー
プレビュー:レパートリーの創造 市原佐都子/Q「妖精の問題 デラックス」|高嶋慈:artscapeレビュー(2022年01月15日号)


アートフラッシュニュース

文字の大きさ